糖尿病・内分泌内科 – 奈良県総合医療センター

糖尿病・内分泌内科

当科は糖尿病(1型糖尿病・2型糖尿病・妊娠糖尿病・その他の糖尿病)や甲状腺疾患、骨粗鬆症などの内分泌代謝疾患を中心に診療しております。
食餌や生活習慣の欧米化に伴い、糖尿病患者さんは年々増加の一途をたどっており、最近の統計では糖尿病患者は約900万人、糖尿病の可能性を否定できない患者さんは2000万人以上にのぼるといわれています。当施設は奈良県北和地区における中核病院の一つとして糖尿病診療に積極的に取り組んでおります。当施設には糖尿病専門医、肝臓専門医をはじめとして糖尿病療養指導士(CDEJ)の資格を持ったスタッフが数多く在籍しており、皆で糖尿病サポートチーム(DST)を結成しております。糖尿病診療には血糖コントロールだけではなく、テーラーメイド化が求められています。われわれDSTは患者さんにじっくりと寄り添って一人一人にあった生活習慣指導や食餌療法、運動療法を提供してまいります。
当施設は「地域医療を支える7つの柱」の一つに「糖尿病治療」と「周産期医療の充実」を掲げております。地域連携を強化しながらも血糖コントロールが悪化した場合は随時当科で治療を行います。また、糖尿病性ケトアシドーシス、重症感染症を伴う糖尿病など極めて重篤な状態の患者さんも救命センターと連携しながら24時間受け入れを行っております。また、当施設には妊娠糖尿病や糖尿病合併の妊婦さんも数多く紹介を受けています。DSTには産婦人科医、助産師も在籍しており、チーム一丸となって周産期の糖尿病管理も担当いたします。
当科は院内他科からも数多く紹介を受けており、手術前後の血糖コントロールにも随時対応しております。
内分泌疾患については内分泌専門医、甲状腺専門医が外来治療を主に幅広く診療を担当しております。疾患の性質上、脳神経外科、耳鼻咽喉科、泌尿器科、産婦人科の先生方との連携が不可欠で、当科では他科の先生方と協力しながら治療の取り組んでおります。外来や入院での内分泌負荷試験を行い、病態と治療方針をきめ細やかに評価しております。また、救命救急センターと連携しながら副腎クリーゼ、甲状腺クリーゼ、褐色細胞腫クリーゼなど重篤な救急疾患にも随時対応しております。
小児科からの移行医療、すなわちトランジションが内分泌疾患では特に問題となっております。当科では小児科からのトランジションにも積極的に取り組んでおります。また、成長ホルモン分泌不全症性低身長などの小児内分泌疾患にも小児科と連携しながら診療担当いたします。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1診午前 松尾(消化器) 上嶋(糖尿病) 中谷(消化器) 久保(消化器) 上嶋(糖尿病)
1診午後 松尾(消化器) 上嶋(糖尿病) 中谷(消化器) 上嶋(糖尿病)
2診午前 元川(消化器) 菊池(消化器) 古家(糖尿病) 永松(消化器)
2診午後 藤本(消化器) 古家(糖尿病)
3診午前 相沢(消化器) 尾山(消化器)
3診午後 初診 森(消化器) 芝本(消化器)
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで(予約、急患を除く)

糖尿病

糖尿病に対する総合的な診療をめざしており、糖尿病専門医・肝臓専門医・糖尿病療養資格をもった看護師、管理栄養士、薬剤師、検査技師、理学療法士が糖尿病サポートチームを結成し、糖尿病教室、糖尿病教育入院、外来インスリン導入などコントロール改善に積極的に取り組んでいます。
糖尿病教育入院は患者さんの希望に合わせて5日間、10日間、14日間のコースを用意しております。
また、コントロール難渋例・自己血糖測定とHbA1c乖離例などに対しては持続血糖測定器(CGM)を導入し、ライフスタイルに合った適切なコントロールを心がけています。
糖尿病教室は各職種のスタッフがそれぞれのテーマを設けて、講義形式だけではなく時には患者参加型の形式をとり、積極的に知識を習得できるように努めています。
また、院外の糖尿病啓発イベントにも積極的に参加しています。
なお、栄養管理部では糖尿病栄養指導・連携パスとして「当センター登録医」の医療機関に通院中の糖尿病患者さんが、食事療法のための栄養指導を当センターの管理栄養士から受けていただくことのできるシステムを運用しております。下記にアクセスいただき、ぜひ、ご利用ください。
栄養管理部

 

糖尿病栄養指導・地域連携パス

当院登録医の先生方へ
糖尿病栄養指導・地域連携パスについて
この連携パスは「当院登録医」の医療機関に通院中の糖尿病患者さんが、食事療法のための栄養指導を当院の管理栄養士から受けていただくことのできるシステムです。下記の内容をご確認の上、ぜひ、ご利用ください。
糖尿病栄養指導の実施日時・内容
毎日実施し、栄養指導は2回に分けて行います。(予約制)

初 回 2回目(初回からおよそ6週間後)
午後1時15分   内科受付 午後0時30分頃  血液検査
午後1時30分頃~ 内科医師の診察 午後1時00分~  栄養指導
午後2時00分~  栄養指導

 

申込方法

紹介元登録医

【栄養指導依頼】
「診療情報提供書」(PDFファイル)に必要事項をご記入の上、FAXで送信してください。
FAX 0742-46-7666(地域医療連携室)
TEL 0742-46-6001

 

 

地域医療連携室

当院で予約日を決定の上、
①「紹介患者予約通知書」をFAXで返信します。

 

 

【患者さんへの説明】
①「紹介患者予約通知書」
②「糖尿病栄養指導(患者さん用)」(PDFファイル)
③「3日間の食事記録表」(PDFファイル)
④「糖尿病栄養指導(医療機関用)」(PDFファイル)
上記の書類①~④を患者さんにお渡しし、予約当日お持ちいただくようにご説明ください。

 

 

患者さん

・予約当日、内科受付へ直接お越しいただき、①「紹介患者予約通知書」を提出してください。
・診察時に上記④を、栄養指導時に上記③をお持ちください。

 

内分泌疾患

平成29年4月より内分泌専門医、甲状腺専門医加わり、成長障害・骨粗鬆症などをはじめ内分泌疾患に対して積極的に取り組んでいます。必要に応じて負荷試験などを行い、他科(耳鼻咽喉科、泌尿器科、脳神経外科など)とも十分な連携をとりながら最適な治療を提供するよう努めていきます。

 

<対象疾患>

  • 甲状腺疾患(バセドウ病、橋本病、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫瘍など)
  • 骨粗しょう症
  • 副甲状腺疾患(副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症)
  • 副腎疾患(原発性アルドステロン症、クッシング症候群、副腎不全、褐色細胞腫)
  • 視床下部・下垂体疾患(先端巨大症、プロラクチノーマ、尿崩症、クッシング病、下垂体機能低下症、成長ホルモン分泌不全性低身長症)
  • 性腺疾患(中枢性無月経、性腺機能低下症、思春期早発症)
  • 脂質異常症(家族性高コレステロール血症、家族性Ⅳ型高脂血症)
  • 内分泌腫瘍(インスリノーマ、膵内分泌腫瘍)
  • その他の代謝異常

 

<甲状腺疾患>
甲状腺ホルモンは、細胞のエネルギー代謝回転を調節したり臓器の働きをサポートしたりといった具合に、生きていく上で非常に重要なホルモンです。ですので、甲状腺ホルモンが高くなっても低くなっても体に異常をきたします。甲状腺ホルモンが高くなると心臓がドキドキする、汗が多くなる、手がふるえる、体重が減る、といった症状が出ます。これを甲状腺機能亢進症といいます。逆に甲状腺ホルモンが低くなると寒がりになる、体にむくみが来る、眠気が続く、便秘がちになる、といった症状が出ます。これを甲状腺機能低下症といいます。

  1. バセドウ病
    甲状腺機能亢進症をきたす代表的な病気で女性に多く、発症には免疫が関係していると言われています。甲状腺刺激ホルモン受容体抗体(TRAb)という物質が甲状腺を常に刺激してしまうことで甲状腺ホルモンが過剰に作られてしまうのが主な原因です。抗甲状腺薬での治療が中心ですが、治療困難なケースではアイソトープ治療や手術療法(甲状腺摘出術)も行われます。
  2. 慢性甲状腺炎(橋本病)
    甲状腺機能低下症をきたす代表的な疾患です。女性の約30人に1人がこの病気だといわれています。発症には免疫が関係していると考えられており、甲状腺細胞に対する自己抗体が甲状腺をじわじわと攻撃することにより甲状腺機能低下症をきたします。甲状腺機能低下のある方は甲状腺ホルモンの内服により治療をしますが、機能低下のない方は特に何もせず経過をみます。
    また、この病気では甲状腺の破壊スピードが早くなると一過性に甲状腺機能亢進症を起こしてしまうことがあります。これを無痛性甲状腺炎といい、バセドウ病との見極めが必要なことがあります。
  3. 亜急性甲状腺炎
    痛みを伴う甲状腺腫大をきたし、30~40歳代の女性に多い病気です。
    亜急性甲状腺炎はウイルスが原因ではないかとも言われていますが、はっきりしません。甲状腺に起こった炎症により甲状腺組織が破壊され、その結果甲状腺ホルモンが血中に流れ出してしまい、甲状腺機能亢進症や発熱を起こします。治療は非ステロイド性抗炎症薬(NSAIDs)を使用しますが、症状が強い場合はステロイドを使用します。

 

<骨粗しょう症>
骨の密度が少なくなったり骨の質が低下することで骨がもろくなってしまう状態を骨粗しょう症といいます。骨粗しょう症の患者さんは全国で約1300万人、65歳女性では2人に1人がこの病気だとされています。高齢化社会が進んでいる日本では、患者数は更に増加すると考えられます。しかし実際に治療を受けているのは4分の1に満たないのが現状です。
骨粗しょう症というと、内科で治療を受けるイメージを持つ人が少ないかもしれません。実際、背骨がつぶれて腰痛を自覚してからはじめて整形外科を受診されているのが現状です。しかし、骨粗しょう症の発症には各種のホルモンが深く関わっており、しかも糖尿病や慢性腎臓病(CKD)、慢性閉塞性肺疾患(COPD)といった生活習慣病とも密接に関連していることから「内分泌代謝内科」が診察する重要な担当疾患の一つです。
骨粗しょう症では背骨の骨折(椎体骨折)や太ももの付根の骨折(大腿骨近位部骨折)を予防し、生活の質(QOL)を保つことが重要です。すでに椎体骨折や大腿骨近位部骨折を起こした方は他の部分の骨折を起こす確率が数倍以上であることがわかっており(骨折連鎖)、治療により骨折連鎖を予防することも非常に重要です。
また、骨粗しょう症は動脈硬化を強力に進めることもわかっており、その危険度は喫煙に匹敵、あるいはそれ以上であるとされています。
骨粗しょう症治療は内科と整形外科で何ら変わりはありません。近年有効なお薬がいくつも発売されており、さらに新しい治療薬もどんどん開発されてきています。どの薬剤を使用するかは骨粗しょう症の程度、年齢、性別、基礎疾患などを考えて個別に判断しています。

 

<副甲状腺疾患>
副甲状腺とは、甲状腺の背側にある米粒くらいの臓器です。こんな小さな臓器ですが、副甲状腺ホルモン(PTH)を分泌し血液中のカルシウムとリンを常に正常に保つという、非常に重要な働きをしています。PTHが高くなると血液中のカルシウムが高くなり、PTHが低くなると血液中のカルシウムは低くなってしまいます。

  1. 原発性副甲状腺機能亢進症
    副甲状腺が腫大しPTHが過剰に産生されるために高カルシウム血症をきたす疾患です。カルシウムは主に骨から誘導されるので、骨粗しょう症の原因となります。また過剰のカルシウムは尿中に排泄されるので、尿路結石の原因にもなります。
    治療は手術での病的な副甲状腺の摘出術ですが、実際に手術を依頼するかどうかは高カルシウム血症の程度、年齢などを考慮し個別に判断しています。
  2. 副甲状腺機能低下症
    PTHが何らかの原因で分泌されなくなったり、あるいはPTH受容体異常が原因で低カルシウム血症を来す疾患です。前者を特発性副甲状腺機能低下症、後者を偽性副甲状腺機能低下症といいます。低カルシウム血症では手足のしびれこむら返り、けいれんを起こしたりします。治療は活性型ビタミンDの服用です。

 

<副腎疾患>
副腎は腎臓の頭側にあるえんどう豆大の小さな臓器です。
皮質と髄質に分かれており、皮質からはコルチゾール・アルドステロン・性ステロイドといったステロイドホルモン、髄質からはアドレナリン・ノルアドレナリン・ドーパミンといったカテコラミンが分泌されます。いずれも生命維持に必須の重要なホルモンで、これらのホルモンは不足しても過剰でも身体の変調を来します。

  1. 原発性アルドステロン症
    副腎腫瘍からアルドステロンが過剰に分泌されるために発症する疾患です。アルドステロンは血圧とナトリウムの維持に働くホルモンなので、過剰になると治療抵抗性の高血圧を呈します。以前は非常に稀な疾患とされていましたが、近年では高血圧患者の約10%が原発性アルドステロン症ではないかといわれています。治療は腫瘍摘出術ですが、降圧薬で血圧がコントロールできる症例も多くあります。
  2. クッシング症候群
    副腎皮質ホルモンのひとつ、コルチゾールが副腎腫瘍から過剰分泌されることで発症する疾患です。コルチゾールは水分・血糖値・ナトリウムの維持、そして種々のストレスから体を防衛する生命維持に重要なホルモンですが、過剰になると糖尿病・高血圧・骨粗しょう症などさまざまな内科的問題を起こします。これをクッシング症候群と呼びます。
    治療は腫瘍摘出術ですが、症例によっては糖尿病や高血圧に対する薬物療法で対処する場合もあります
  3. 副腎皮質機能低下症・副腎クリーゼ
    前述のようにコルチゾールは生命維持に必要なホルモンですので、絶対的または相対的に不足すると副腎皮質機能低下症を起こします。症状としては激しい倦怠感・血圧低下・低血糖・低ナトリウム血症があげられます。顕著になると生命を脅かすこともあり、これを副腎クリーゼと呼びます
  4. 褐色細胞腫
    褐色細胞腫は、副腎髄質あるいは脊髄に沿った交感神経節細胞にできる腫瘍です。腫瘍からはカテコラミンというホルモンが分泌され、このホルモンの作用で発作的な血圧上昇、発汗、動悸、頭痛などさまざまな症状が現れます。
    治療はαブロッカーの服用、腫瘍摘出術です。

 

<視床下部・下垂体疾患>
視床下部下垂体は生命の中枢であり、あらゆるホルモンの司令塔でもあります。視床下部・下垂体の疾患は複数のホルモン異常を来します。ですので、下垂体疾患の治療はすべてのホルモンの関する知識を総動員して治療に当たらなければなりません。

  1. 先端巨大症下垂体腫瘍から成長ホルモン(GH)が過剰に産生されることでひきおこされる疾患です。指が太くなる、鼻や口唇が大きくなる等の顔貌の変化、足のサイズが大きくなる、などの症状が現れます。内科的には糖尿病・睡眠時無呼吸症候群・癌の発生率が上昇する、などの問題があります。治療は手術による腫瘍摘出ですが、摘出し切れなかった症例ではガンマナイフや薬物療法(ソマトスタチンアナログ・ドーパミン作動薬)が行われます。
  2. プロラクチノーマ

    下垂体腫瘍からプロラクチン(PRL)が過剰に産生されることでひきおこされる疾患です。女性では無月経・乳汁分泌、男性では性欲低下、といった症状が出現します。治療は薬物療法(ドーパミン作動薬)が中心ですが、腫瘍による圧迫症状のある時には手術が行われます。

  3. クッシング病

    クッシング症候群のうち、下垂体腫瘍が原因のものを特にクッシング病と呼びます。下垂体腫瘍から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が過剰に産生され、これがコルチゾールの過剰産生を誘導し、クッシング症候群をひき起こします。治療は手術による腫瘍摘出ですが、腫瘍残存症例ではガンマナイフや薬物療法(メチラポン・ミトタン)が行われます。また、海外ではパシレオチドという新しいソマトスタチンアナログが開発されており、今後我が国への導入も期待されます。

  4. 下垂体機能低下症

    下垂体機能低下症の多くは、下垂体腫瘍・視床下部腫瘍手術後に伴う続発性です。その他、リンパ球性下垂体炎、IgG4関連下垂体炎、サルコイドーシス、ランゲルハンス組織球症による下垂体機能低下症が知られています。

    それぞれの下垂体ホルモン(ACTH系・TSH系・GH系・LH/FSH)に対する補充治療を行いますが、適切な補充療法がおこなわれないと生活の質(QOL)が低下したり、重篤な場合では意識障害・ショックを来したり死に至る場合があります。

  5. 中枢性尿崩症

    下垂体後葉ホルモンのひとつである抗利尿ホルモン(ADH)が欠乏することにより、多飲と多尿が出現する疾患です。下垂体手術による続発的発症、下垂体炎による発症などが原因としてあげられます。治療は抗利尿ホルモン製剤(ddAVP)の点鼻や舌下投与が行われます。

  6. 成長ホルモン分泌不全性低身長症

    小児期の成長障害の原因となるもっとも主要な疾患です。成長ホルモン(GH)の分泌不全により-2.5SDを下回る低身長となってしまいます。GH分泌不全が負荷試験で証明できれば治療は成長ホルモン製剤の自己注射です。主に小児科で治療される病気ですが、糖尿病内分泌内科でも小児科と協力しながら治療を担当いたします。

 

<性腺疾患>
精巣からはテストステロンという男性ホルモン、卵巣からはエストロゲンとプロゲステロンという2種類の女性ホルモンが産生され、女性ではこの二つのホルモンが複雑に調整されることで月経周期が形成されます。さらにこれらのホルモンは下垂体から分泌されるゴナドトロピン、視床下部から分泌されるゴナドトロピン放出ホルモンにより調節されています。

  1. 中枢性無月経

    月経周期があるのは、視床下部や下垂体からのホルモンによる指令があるためです。何らかの原因でこれらホルモンの指令がストップしてしまうと、無月経となってしまいます。これを中枢性無月経といいます。過度なダイエットやストレスが原因となることが知られていますが、原因が不明なものも多くみられます。治療はクロミフェンやカウフマン療法を行いますが、挙児希望の方は産科の先生と連携して治療を行います。

  2. 性腺機能低下症

    疾患としてはターナー症候群・クラインフェルター症候群、カルマン症候群などが知られています。また、小児がん治療後も性腺機能低下症の原因として知られています。成人の場合、性ホルモンの低下により男性では筋力低下・やる気の低下・骨粗しょう症などの症状、女性では無月経・骨粗しょう症などの症状が出現します。小児の場合では二次性徴の遅れや欠如、低身長などの症状が出現します。

    治療は男性ではテストステロン(エナルモンデポー)の注射あるいはゴナドトロピンの自己注射、女性ではカウフマン療法を行います。

  3. 思春期早発症

    通常第二次性徴は、女子で10歳頃、男子で12歳頃よりはっきりますが、それが23年以上早く始まってしまうのが思春期早発症です。思春期早発症で問題になることは、(1)早期に体が完成してしまうために、一時的に身長が伸びた後、小柄のままで身長が止まってしまう(2)幼い年齢で乳房・陰毛、月経などが出現するために、本人や周囲が戸惑う心理社会的問題が起きる(3)まれではあるが、脳などに思春期を進めてしまう原因になる病変が見つかることがある、以上の3点です。治療はLHRHアナログ(リュープリン)を使用します。

 

<脂質異常症>

  1. 家族性高コレステロール血症

    家族性高コレステロール血症は、LDL受容体関連遺伝子の変異による遺伝性疾患であり、常染色体優性遺伝形式をとります。ヘテロ接合体患者は500人に1人以上、ホモ接合体患者は100万人に1人以上の頻度で認められ、わが国における患者総数は、25万人以上と推定されます。高LDLコレステロール(LDL-C)血症、皮膚ならびに腱黄色腫、および早発性冠動脈硬化症を主徴とします。家族性高コレステロール血症では遺伝的背景のない高コレステロール血症に比べてLDL-C増加の程度が著しく動脈硬化の進展は早く、それに伴う臓器障害の程度も強いため、動脈硬化性疾患の予防を目的としたLDL-C低下治療が必要です。

  2. 家族性Ⅳ型高脂血症
    肝臓で作られる超低比重リポ蛋白(VLDL)の増加を呈する高脂血症の一つです。今のところ遺伝的な原因は明らかではありませんが、リポ蛋白リパーゼ(LPL)や肝性トリグリセリドリパーゼ(HTGL)の活性低下、欠損が原因に挙げられます。1000mg/dLを超える高中性脂肪血症が特徴で、動脈硬化や急性膵炎の原因となります。

 

<膵内分泌腫瘍>

  1. インスリノーマ
    膵臓にはランゲルハンス島という内分泌組織が無数に存在し、その中にはグルカゴンを産生するA細胞、インスリンを産生するB細胞、ソマトスタチンを産生するD細胞が主に存在します。インスリノーマとは膵臓にできる腫瘍で、腫瘍の大部分がB細胞由来です。腫瘍が自律的にインスリンを分泌し続けるので、低血糖が起こります。動悸や発汗などの低血糖症状、あるいは意識消失がこの病気の発見契機となることがほとんどです。診断には入院の上で72時間絶食試験を行い、確定診断には放射線科と協力の上でカテーテルによるカルシウム負荷試験(SACI)を行います。大部分が良性腫瘍なので、腫瘍摘出術が奏功します。
  2. ガストリノーマ
    ガストリンを産生するG細胞由来の腫瘍で、膵臓だけでなく十二指腸にも多数発生します。ガストリンは胃酸分泌を刺激しますので、ガストリンが自律的に分泌されるガストリノーマでは胃酸分泌亢進により難治性の逆流性食道炎や胃十二指腸潰瘍が発生します。ガストリノーマは約50%が悪性だとされています。確定診断にはカテーテルによるカルシウム負荷試験(SACI)を行います。治療は腫瘍摘出術ですが、多発ないし転移する症例も多いので根治が困難です。腫瘍残存症例ではソマトスタチンアナログやエベロリムスが使用されます。
診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100