栄養管理部 – 奈良県総合医療センター

栄養管理部

患者さんの栄養管理を担当しています。入院時に栄養状態を評価、低栄養と判定した患者さんは、NST(栄養サポートチーム)で、栄養状態を改善するようにチーム医療で取り組んでいます。また、生活習慣病など食生活の改善が必要と思われる患者さんや、食生活でお困りごとのある患者さんには栄養指導を行っています。
また医師が指示した栄養価に基づき、入院患者さんに食事を提供しています。「安全でおいしく、退院後も参考にできる食事」作りをスタッフ一丸となり取り組んでいます。

 

 

食事提供

厚生労働省が定める入院時食事療養基準に基づき、適時適温で入院患者さんにお食事を提供しています。食事は入院中の楽しみのひとつでもあります。患者さんに喜んでいただけるよう、食事内容の検討・改善を続けています。夕食の選択メニューを普通食・産食で導入し、季節感のある行事食なども取り入れています。病態に合わせた治療食はもちろん、嚥下・咀嚼の状態に合わせたお食事や、治療などによる食欲不振にも対応した食事も提供しています。また朝食では、主食(パンかごはん)と飲み物(牛乳かヨーグルトなど)をお好みでお選びいただけます。食物アレルギーにも配慮しておりますので、入院時にお申し付けください。

 

食事時間

朝食:8時頃  昼食:12時頃   夕食:18時頃

 

主な食種

食 種 内 容
一般食 普通食

特に制限のない一般的な食事
軟 食 おかずが軟らかい高齢者向けの食事
離乳食・
小児食
離乳食(1~3回食)および小児食(1~15歳)一部おやつ付き
産 食 妊娠16週~授乳期の食事 おやつ付き 産後祝い膳あり
嚥下・咀嚼調整食 ペースト食・ソフト食等に対応した段階別の食事
わかくさ食 がん患者などの食欲不振に対応した食べやすい食事
治療食 糖尿食 エネルギーを制限した食事 塩分制限(6g)にも対応可能
腎臓食 たんぱく質と塩分を制限しエネルギーを考慮した食事
透析食 たんぱく質、塩分、ミネラル等を考慮した透析患者対象の食事
肝臓食 脂肪を控えたバランス食または肝不全対応のたんぱく質・塩分制限食
心臓食 塩分および飽和脂肪酸を制限した食事
妊娠高血圧食 妊娠高血圧症候群に対応した減塩食
妊娠糖尿病食 妊娠糖尿病に対応した分割食
膵臓食 膵炎、胆嚢炎、胆道炎等に対応した超低脂肪の食事
腸炎食 炎症性腸疾患に対応した低脂肪、低残渣の食事
潰瘍食 胃・十二指腸潰瘍に対応した食事
外科手術後食 胃切除手術後の患者対象の少量頻回食
検査食 注腸検査食 注腸検査前日の無繊維の食事
低残渣食 注腸検査前の低繊維の食事
ヨード制限食 甲状腺機能検査前の食事

 

行事食(例)

 

選択メニュー(例)
※普通食・産食の方を対象に夕食で実施(A食・B食から主菜が選べます)

A食

豚の角煮

B食

えびのチリソース

焼き魚

和風ロールキャベツ

白身魚フライ

チキンカレー

 

嚥下・咀嚼調整食(例)

 

嚥下・咀嚼調整食(例)

 

 

栄養相談

個人栄養指導(外来・入院)

生活習慣病(糖尿病・高血圧・脂質異常症・肥満症)の栄養指導を管理栄養士が行っています。日頃の食生活を見直してみたいとお考えの患者さん、治療食について詳しく知りたい患者さんは、担当医師または看護師までお申し出ください(予約制)。

 

日 時 9:00~16:30
場 所 1階 患者支援センター内 栄養相談室

 

その他の栄養相談

  • 母親教室
  • 糖尿病教室
  • 腎臓病教室

開催日時・場所は医院内に掲示しています。

 

 

栄養管理部ニュース(月1回発行)

食事と栄養についての身近な話題を取り上げたポスターを作成しています。生活習慣病は日頃の食生活が大きく影響すると言われます。ニュースを見て、病院食の良さを実感していただけたらなぁ・・・、と願いながら毎月発行しています。
「栄養管理部ニュース」は各病棟の談話室などに掲示しています。

 

最新号
月刊「栄養管理部ニュース2018年7月号」

 

バックナンバー
月刊「栄養管理部ニュース2017年9月号」

 

 

栄養管理部紹介

栄養管理部の構成(H29.5現在)

  • 医師:1名
  • 管理栄養士:4名
  • 事務:3名
  • ※調理・洗浄はエームサービス株式会社に業務委託しています
  • 委託栄養士:13名
  • 委託調理師:10名
  • その他委託スタッフ:11名
診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100