輸血を拒否する患者の皆様へ(相対的無輸血治療)

奈良県立病院機構では宗教上の理由などにより輸血を拒否する患者の皆様に対して下記の方針で診療します。

 

  1. 輸血を拒否される成人の方に対しては「相対的無輸血治療」で対応します。
    可能な限り輸血を行いませんが「輸血以外に救命手段がない」事態に至った場合は輸血を行います。
  2. 患者の皆様がお持ちになる「免責証明」など「絶対的無輸血治療」に同意する内容の書類に対して、医師は署名いたしません。
  3. 成人以外の方(小児・未成年者)に対しては、安全で適正な輸血療法を実施いたします。
    「相対的無輸血治療」も危険を伴うため、安全を重視し通常の輸血療法を行います。
  4. いかなる場合でも「絶対的無輸血治療」は実施しません。
    緊急手術など生命の維持自体が困難と判断される場合は、必要な処置を開始します。その際、輸血なしでは生命の維持が困難と判断される事態となった場合は、輸血の同意がなくとも輸血を実施します。
  5. 上記方針に同意いただけない患者の皆様には転院をお勧めします。

 

相対的無輸血治療
患者の意思を尊重して可能な限り輸血を実施しないよう努力するが、「輸血以外に救命手段がない」事態に至った場合は輸血を行う治療

 

絶対的無輸血治療
いかなる場合も輸血を施行せず、たとえ輸血により救命できる可能性があっても輸血を施行しない治療

診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100