皮膚科

外来診療は主として予約制で、次回診察の必要な方は、診察時に予約します。
予約のない方も受診できますが、待ち時間が長くなることがあります。
初診の方は問診表にご記入ください。
急性疾患、伝染性疾患の方の症状により、順番が前後することがありますので、ご理解ください。
二診または三診で診療を行っていますので、来院された順番と異なる場合があります。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診午前 野見 野見 野見 岩佐 野見
1診午後 栗本
2診午前 中西(佑) 栗本 栗本 中西(佑) 中西(佑)
2診午後 中西(佑) 栗本 栗本 中西(佑) 中西(佑)
担当医枠外 担当医枠外 担当医枠外 担当医枠外 担当医枠外 担当医枠外
4診午前 真柴 フットケア
4診午後 中西(崇) 中西(崇) 真柴 フットケア
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで(予約、急患を除く)

こんな症状の人はご相談下さい

皮膚に関して何か心配なことがあれば何でも相談してください。

 

当センターの皮膚科の特徴

当科では様々な皮膚疾患の内科的、外科的治療を行っています。
皮膚腫瘍や自己免疫性水疱症の治療では、奈良医大皮膚科と連携して正確な病理組織診断を行って治療方針を決めています。また母斑や熱傷、瘢痕についても形成外科的手技を用いてQOLを重視した治療を心がけています。
また病診連携の立場から、奈良県北和地区や京都府相楽郡の一般病院や開業医との連携を密にするよう努力しています。

 

フットケア外来開設のお知らせ

2008年7月よりフットケア外来を開設いたしました。
フットケアは高齢者・糖尿病患者のQOLを向上させるために、大変重要なものです。特に糖尿病で血糖値が高い状態が続くと、神経障害や血流障害が起こりやすく、また菌などの感染に対する抵抗力が低下することで傷が治りにくくなり、神経障害があると、足の痛みもわかりにくくなります。足が傷ついていても早期発見が難しくなるのです。
日頃忘れがちな足のケアの大切さを意識していただき、正しいケア方法を身に付けましょう。

 

足の病気にはどんなものがあるの?

爪の変形やタコ・ウオノメ・みずむし・皮膚の潰瘍などがあります。

 

主な診療内容

  • 爪の整形・補修:爪きり、専用の器械で研磨
  • 巻き爪・陥入爪:ワイヤー矯正
  • タコ・ウオノメ:専用のカッターを用いて削り取る
  • みずむし:適切な外用療法や内服薬の処方など
  • 皮膚の潰瘍:きずの処置

 

フットケア外来日

毎週金曜日:午前9:00~12:30、午後14:30~15:30(予約制です)
場所:皮膚科外来
所要時間:30分程度
お問い合わせ:皮膚科外来受付

 

フットケア外来の患者内訳

平成20年7月(開設時)~平成29年の患者数:4,455人
平成29年度の患者数

  • 新規患者数:58人(うち糖尿病患者20件)
  • 1日平均患者数:8人
  • 年間患者数:387人(うち糖尿病患者227件)

 

生物学的製剤による皮膚乾癬治療

日本皮膚科学会により、乾癬の治療に生物学的製剤の使用が許可された承認施設です。
外用療法、内服療法、光線療法で十分な効果が得られない場合に生物学的製剤を用いた抗体療法を行っています。

診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100