産婦人科

産婦人科というと、妊娠や出産、子宮や卵巣の病気でかかるものと考えていないでしょうか。しかし、それだけではなく、たとえば、更年期ののぼせやいらいらなどでも産婦人科受診をお勧めします。また、月経が来ないとか月経時に痛みがある、妊娠・分娩の心配、外陰の異常、下腹部痛など、月経、性器、性についての心配があるときには、迷わず産婦人科を受診して下さい。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診午前(婦人科) 喜多
杉浦
春田 谷口 伊東
1診午後(婦人科) 喜多
(腫瘍外来)
春田
(女性ヘルスケア外来)
豊田
(細胞診・コルポスコピー外来)
伊東
(ロボット・腹腔鏡下手術、腫瘍外来)
2診午前(婦人科) 杉浦 谷口
(腫瘍外来)
石橋 橋口
2診午後(婦人科) 杉浦
(腫瘍・手術外来)
井谷
(細胞診外来)
3診(婦人科) 担当医 担当医 担当医 担当医 担当医
1診午前(産科) 佐道 渡辺し 田中 平野
石橋
1診午後(産科) 佐道
(ハイリスク妊娠外来)
田中 平野
(ハイリスク妊娠外来)
石橋
(ハイリスク妊娠外来)
2診午前(産科) 前花
2診午後(産科) 乳児/1ヶ月検診
(担当医)
3診(産科) 助産師外来 助産師外来 助産師外来 助産師外来 助産師外来
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで(予約、急患を除く)

受診の服装/準備しておいた方がよいもの

服装はできれば着脱しやすいもの(またはスカート)にしましょう。
基礎体温表をつけている方はご持参ください。
診察の後に出血をすることがありますので、生理用ナプキンをお持ち頂くことをお勧めします。

 

当センター産婦人科の特色

地域周産期母子医療センターとして奈良県の周産期医療の一翼を担うとともに、地域がん診療連携拠点病院でもあり婦人科悪性疾患の治療に日々努めています。ご紹介いただいた患者さんの臨床経過や治療状況を報告し、紹介元の医療機関の医師、助産師の方々と検討する報告会を3ヵ月に1回開催することにより、相互の医療のレベルアップと顔の見える緊密な協力関係を築いています。

 

また、クリニカルパスを導入しています。クリ二カルパスにより同一の疾患には同質で均質化された医療サービスを提供することができます。さらに電子カルテによって情報の共有化を促進し、各科と強く連携された診療を行っています。

 

総合病院である強みを生かし、産婦人科単独では対応困難な合併症をもつ妊婦さんへの妊娠・分娩管理や婦人科悪性疾患手術の際に外科系診療科(外科、泌尿器科、胸部外科など)と連携し、婦人科臓器以外の他臓器の合併切除も数多く手がけています。

 

エビデンスに基づいた医療を提供するために、国内臨床試験グループ(JGOG:婦人科悪性腫瘍研究機構KCOG:特定非営利活動法人関西臨床腫瘍研究会など)に加盟し、多くの臨床試験に参加しています。

 

また、腹腔鏡下手術やロボット支援手術(ダ・ヴィンチ)も積極的に行っております。

 

産科

  • 産科部門と新生児集中治療部が連携し、母体と新生児の一貫した治療を行えるよう同じフロアー(3階東病棟)に配置し、周産期母子医療センターとして、一体的に運営しています。
  • 産科病床は30床です。母体胎児集中治療室(MFICU)3床、陣痛・分娩・回復室(LDR)3床、一般産科病床26床で構成されています。妊娠・分娩・産褥期におこる様々な母児の異常に対応します。
  • 新生児集中治療部は新生児集中治療管理室(NICU)12床とNICU後方病床(GCU)12床で構成されていいます。生まれて間もない、高度で専門的な新生児医療を必要とする新生児のための医療設備を整えた集中治療部門です。
  • 24時間体制でハイリスク妊産婦の緊急搬送を受け入れています。症状の改善があれば、前医に逆紹介します。
  • ハイリスク妊娠の方の分娩には産科医とともにNICUの医師も立ち会います。新生児は出生直後より治療が開始されます。
  • 母体搬送や外来紹介になったハイリスク妊娠の方を中心とした妊娠管理を行っています。状況によりローリスク妊娠と判断された方の分娩予約は制限させて頂く場合があります。
  • 事前に両親学級に参加することを条件に、夫の立ち会い分娩等も取り入れています。分娩後は母児間のスキンシップを大切にし、母児同室を行っています。母乳栄養をすすめています。また、父性を重視し、新生児の抱っこの時間を設けています。

 

婦人科

  • 婦人科病棟は3階東病棟に13床あります。子宮がんや卵巣がんなどの悪性腫瘍および子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣のう腫、骨盤臓器脱(子宮脱など)などの良性疾患の治療を行っています。
  • 診断と治療法については、カンファレンスで詳細に検討し、方針を決定しています。
  • 手術療法、化学療法、放射線療法を中心としてエビデンスに基づいた最新の治療を行っています。
  • 子宮筋腫や子宮内膜症などの良性疾患に対しては腹腔鏡や子宮鏡による低侵襲手術を行うようにしています。またロボット支援手術も施設認定を取得し、保険診療として受けていただけます。悪性腫瘍に対しては腹腔鏡下子宮体癌手術の施設認定を取得しており、より低侵襲で確実な手術を受けていただけるように心掛けています。
  • 外来化学療法を積極的におこなっています。
  • 遺伝性乳癌卵巣癌症候群(HBOC)に関して、乳腺外来、遺伝専門医と連携して遺伝カウンセリングを行い、希望者には遺伝子検査(BRCA1/2)を行っています。平成30年にリスク低減卵巣卵管切除術(RRSO)を導入し、平成31年に遺伝性乳癌卵巣癌総合診療基幹施設の認定を得る予定です。
診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100