心臓血管センター

当センターについて

心臓血管センターは循環器内科・心臓血管外科の2つの部門で構成されています。従来より循環器内科にて各種循環器疾患の治療を行っておりましたが、平成26年4月に心臓血管外科が新たに設置され、いままで当院で対応できなかった手術が必要な循環器疾患の患者さんも当院にて治療を行えるようになりました。
そして、平成30年5月、新奈良県総合医療センターへの移転を期に、循環器疾患の患者さんに対し、循環器内科医と心臓血管外科医がより連携し、質の高い医療を提供するため心臓血管外科センターを設立いたしました。

 

 

センター長あいさつ

心臓血管センター設立の理念と目標

心臓血管センター(以下センター)は、心臓と血管の疾患に対する診療において、循環器内科と心臓血管外科、医師と他職種といった旧来の壁を排除し、Patient Centeredの真のチーム医療を徹底するために設置します。循環器疾患は、救急対応を要することが多く、慢性疾患の急性増悪も稀ではないことから、断らない救急医療の実践が不可欠です。この為、救命救急センターと集中治療部との緊密な連携が基盤となります。最良の循環器診療を提供できているか、常に診療実績を測り、同僚評価をすることでチーム医療の向上を希求してまいります。こうしたチーム医療で高度な循環器診療を実践し、県民ならびに医療関係者からの信頼を得ることが目標です。さらに、奈良県全体での心臓血管救急ネットワークの構築や人材育成にも取り組み、より高度な医療が実践できるセンターを目指します。

平成30年5月1日
心臓血管センター長 山中 一朗

 

 

対象疾患

各部門のページをご参照ください。

 

– 成人先天性心疾患外来開設 –

先天性心疾患は子供の病気と思われがちですが、今や大人の先天性心疾患患者さんの方が多くなっています。「成人期に発見された」あるいは「青年期・成人期に入って修復術後の新たな問題が生じた」先天性心疾患の患者さんを診察、治療していくために、成人先天性心疾患外来を開設しました。
心臓血管外科外来に併設しましたが、手術が必要な患者さんだけを診察するわけではありません。循環器内科、産科、小児科など様々な分野と連携して、多くの先天性心疾患患者を治療してきた経験に基づき、集学的な診断を行って参ります。
今後は小児科、循環器内科、心臓外科の3科から先天性心疾患の専門家を結集し、一人の主治医制ではなく“one heart, one team”で診療に当たって行く所存です。継続的に一貫した治療体制で最良の診断治療が提供できるように努めます。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日
1診 仁科 山中
2診 佐藤/矢田
3診 成人先天性心疾患外来

 

診療体制について

予定診療のみならず緊急診療に対しても対応させて頂きます。緊急を要する疾患の診断・治療に関するお問い合わせは下記まで御連絡下さい。

 

TEL:0742-46-6001(病院代表)

24時間繋がります。

 

 

循環器内科心臓血管外科

診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100