口腔外科

口腔外科は口腔顎顔面領域に生じる多様な疾患を対象とし、専門的な治療を担当する診療科です。口腔顎顔面領域は咀嚼や嚥下、構音などの様々な機能を担っており、生命の維持や社会生活において重要な役割を演じるとともに、個人のアイデンティティや自己表現にも関わっています。口腔顎顔面領域は皮膚、粘膜、筋肉、骨などに加えて歯が存在するという解剖学的特徴があり、これらによって複雑な機能が維持されています。もしこれらの臓器や機能が何らかの原因で障害された場合、日常生活に支障が出るばかりか時には生命が脅かされることにもつながりかねません。口腔顎顔面領域には腫瘍、外傷、先天異常、発育異常、感染症、粘膜疾患、顎関節疾患、神経疾患など、多様な疾患が生じます。これらの疾患の中には全身疾患と大きく関わっているものがあり、逆に全身疾患の状態や治療に口腔の健康状態が大きく影響する場合もあります。口腔外科は口腔顎顔面領域の解剖と機能を熟知した専門家としてこれらの疾患の診断、治療を担当するとともに、当医療センターの各科と密接な連携をとりながら包括的治療を進めていきます。

外来担当表

月曜日 火曜日 水曜日 木曜日 金曜日 土曜日
1診午前 山本(初診) 山本(初診) 山本
1診午後 山本 山本 山本
2診午前 中村 中村(初診) 中村 中村(初診)
2診午後 中村 中村 中村 中村
3診 矢多 矢多 矢多 矢多
外来受付:午前8時30分~午前11時00分まで(予約、急患を除く)

対象となる疾患

口腔顎顔面領域の腫瘍(良性、悪性)、嚢胞(歯根嚢胞、含歯性嚢胞など)、先天異常(口唇裂口蓋裂など)、顎変形症(下顎前突、顔面非対称など)、顎顔面外傷(顎骨骨折、歯牙損傷、顔面裂創など)、顎関節疾患(顎関節症、脱臼など)、歯性感染症(顎骨骨髄炎、膿瘍など)、口腔粘膜疾患(白板症、扁平苔癬、カンジダ症など)、口腔乾燥症(シェーグレン症候群など)、唾液腺疾患(唾石、がま腫など)、口腔顎顔面痛(三叉神経痛、舌痛症など)、摂食・嚥下障害、睡眠時無呼吸症候群、口腔ケア(周術期口腔ケアなど)、困難な抜歯(智歯、埋伏歯、過剰歯など)、全身疾患をお持ちの患者様(抗血栓薬、骨吸収抑制薬の投与などを含む)の抜歯などの外科的処置などが対象です。治療が著しく困難な患者様の全身麻酔下での歯科的処置も行っています。

 

受診される方へ

はじめて受診される方はできるだけ医療施設からの紹介状を持参していただきますようお願い申し上げます。はじめて受診された日は基本的に診察と検査などを行い、処置が必要な場合には改めて予約を取らせていただきます。緊急を要する場合はこの限りではありません。齲蝕、歯周病、義歯などの一般的な歯科治療は行っておらず、治療が著しく困難な(全身麻酔下での対応が必要など)患者様を除き、適切な医療機関を紹介させていただきます。また、口腔顎顔面領域の疾患に関しても治療を進める上で必要と判断される場合には、他の医療機関を紹介させていただく場合があります。

診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100