脳神経センター

設立の理念と目標

脳神経センターは神経内科、脳神経外科及び放射線科(神経放射線)が緊密に連携して、いろんな脳神経の病気に悩んでおられる患者さんを迅速に診断して最善の治療を行います。当施設は奈良県の基幹センターとしてすべての神経疾患に対応できる体制を整え地域住民皆様の健康を守ります。

 

 

診療の実際

当センターでは急性期脳血管障害であるクモ膜下出血、脳内出血や脳梗塞に対する治療を集中的に行っています。従来の脳動脈瘤クリッピング術や内頚動脈内膜剥離術はもとより脳血管内治療として脳動脈瘤コイリング術や頸動脈ステント留置術も積極的に行っています。脳梗塞症例もt-PA(組織プラスミノーゲン活性因子)や脳血管内治療により劇的に改善する例が増えてきました。常時、複数の脳神経血管内治療専門医が待機し即応する体制を整えていいます。
3台のMRI(3テスラMRI2台)や最新のデジタル血管撮影装置を用いて素早く診断し治療につなげます。外科治療には最新のハイブリッド手術室も完備し神経モニタリングや神経内視鏡を使用して治療困難な脳動静脈奇形や頭蓋底腫瘍の手術も行います。
虚血性疾患、脳梗塞、片側顔面痙攣、三叉神経痛やパーキンソン氏病に関しては神経内科医と脳神経外科医が協力して内科的治療か外科治療を適切に判断し最良の治療を行います。

 

何か気がかりな事やご不明な点がありましたら、いつでもお問い合わせください。必ずスタッフが対応させて頂きます。

 

脳神経センター長 橋本宏之

 

 

 

診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100