救命救急センター(救急・集中治療センター) 
-治療について-

受診方法

受診のためにはあらかじめ医師あるいは救急隊による確認が必要です。

 

 

 

受け入れ状況

 

脳血管
障害
心筋
梗塞
頭部
外傷
多発
外傷
その他
外傷
心肺
停止
熱傷 中毒 その他
疾病
平成
23
年度
87 57 25 13 48 114 12 20 175 551
平成
24
年度
73 59 24 32 40 89 8 14 159 498
平成
25
年度
69 41 27 13 23 105 4 18 168 468
平成
26
年度
77 57 48 9 51 98 7 17 220 584
平成
27
年度
117 37 99 24 101 172 10 27 1556 2143
平成
28
年度
247 57 209 41 268 161 3 46 2384 3416
平成
29
年度
310 61 168 10 252 212 17 55 3997 5082

 

 

 

 

最近のトピックス『The Chain of Survival 救命の連鎖 』

日本では年間約600人に1人の突然死が発生し、奈良県では年間1000余人が心肺停止状態で救急病院に搬送されています。当救命救急センターでも突然死の治療・蘇生にも力を注いでおりますが、社会復帰される方は残念ながら少数です。突然死の蘇生にはその場に居合わせた人による処置(1次救命処置)が非常に大切です。救急隊への連絡、胸骨圧迫(心臓マッサージ)、救急隊による電気ショック、救命救急センターでの処置という流れを『 The Chain of Survival 救命の連鎖 』と呼んでいます。救命の連鎖のうまくつながった1例を御紹介します。

 

 

『The Chain of Survival 救命の連鎖 』

50歳台の男性が自宅で突然心停止になり、一緒にいた娘さんがこれを目撃。すぐに救急車を呼び、娘さんと奥さんが胸骨圧迫と口対口呼吸(心肺蘇生法)を実施されました。7分後に救急隊(救急救命士)が到着しすぐに電気ショックが施行され、心拍が再開しました。30分後に当センターに搬送され、入院加療の後、社会復帰されました。

 

学術講演・学術発表・論文・執筆

  • 安宅一晃(監訳),藤谷茂樹(監訳), 青山剛士(翻訳), 渥美生弘(翻訳)他.Surviving Sepsis Campaign: 敗血症および敗血症性ショックの管理に関する国際ガイドライン(2016年)
  • FCCS運営委員会 (監修), 安宅一晃 (翻訳), 藤谷茂樹 (翻訳). FCCSプロバイダーマニュアル. 第2版, メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • FCCS運営委員会 (監修)、植田育也(翻訳)、安宅一晃 (翻訳).PFCCSプロバイダーマニュアル.メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • 田中竜馬 (翻訳), 瀬尾龍太郎 (翻訳), 安宅一晃 (翻訳), 新井正康 (翻訳).ヘスとカクマレックのTHE人工呼吸ブック.第2版,メディカル・サイエンス・インターナショナル
  • 安宅一晃.あらゆる場面で使える鎮静・鎮痛Q&A96.洋土社
  • 安宅一晃 (監修).呼吸と循環をつなげた急変予測・対応行動の基本実践事例集.日総
診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100