平成29年度 奈良県総合医療センター 病院指標


医療法における病院等の広告規制について(厚生労働省)

 

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞のICD10別患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

 

年齢階級別退院患者数

ファイルをダウンロード

 

年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 1282 304 290 433 568 689 1802 2782 1890 323

 

平成29年度に退院された患者さんの平均年齢は、58歳ですが、70代以上の高齢者の占める割合が48%と大きく、又、周産期医療に力をいれていることから、新生児、乳幼児も多く、幅広い年齢層の患者さんが入院されています。

 

診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

 

■消化器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060340xx03x00x 胆管(肝内外)結石、胆管炎 内視鏡的胆道拡張手術等あり 111 8.19 10.61 2.7% 76.06
060050xx97x0xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。) 血管塞栓手術等あり 74 10.99 11.44 4.05% 72.78
060020xx04x0xx 胃の悪性腫瘍 内視鏡的胃、十二指腸ポリープ・粘膜切除術あり 46 7.57 8.73 0% 74.30
060300xx99x00x 肝硬変(胆汁性肝硬変を含む。)手術なし 40 11 13.04 2.5% 70.03
060050xx0300xx 肝・肝内胆管の悪性腫瘍(続発性を含む。)肝悪性腫瘍ラジオ波焼灼療法(一連として)等あり 39 8.61 8.43 0% 66.82

肝疾患については奈良県北和地区の中核専門医療機関に指定され、肝癌診療の拠点病院であり、ウイルス性肝炎をはじめ数多い肝疾患診療をおこない、消化管・膵・胆道疾患に対しては、消化器内視鏡専門医が、最新の内視鏡を用いて診断、治療をおこなっています。
消化器内科では、胆管結石の治療が最も多く、内視鏡的結石除去術など、低侵襲の手術を行っています。
次に多いのは、肝癌の冠動脈塞栓術が多く、それにラジオ波熱焼灼療法を組み合わせたりしています。進行例には肝動注療法や分子標的薬による治療も積極的に行っています。胃食道の悪性腫瘍に対する内視鏡治療も数多くおこなっています。
地域医療連携を特に重視し、近隣施設からの消化器救急疾患(消化管出血、黄疸、イレウス、急性膵炎など)の紹介、依頼を数多く受け入れいれ、かかりつけの先生と密接に連携して診療にあたっています。

 

 

■呼吸器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx99040x 肺の悪性腫瘍 手術なし 化学療法あり 87 13.74 11.99 2.3% 72.78
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 74 19.90 20.83 44.59% 84.82
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等なし 66 20.17 19.65 6.06%% 76.88
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 人工呼吸・中心静脈あり 45 4.91 3.59 6.67%% 76.33
0400801499×001 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし A-DROP スコア1 21 13.90 13.51 9.52% 81.29

 

最も多い症例は、肺癌の化学療法入院が多く、他院から紹介を受け、気管支鏡検査、結果は病理部、腫瘍内科、呼吸器外科、放射線科、緩和ケアチームとのカンファレンスを通じて、チーム医療を行い、奈良県北和地区の肺癌治療の中心的病院となっている。
2番目に多い間質性肺炎は、肺胞の壁の正常構造がこわれて繊維化が起こる病気です。
救急患者の増大に伴い、誤嚥性肺炎や、年齢や重症度でDPCコードが細分類されている為、上記には出ていませんが、肺炎などの急性期疾患も多く受けている。

 

 

■循環器内科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050050xx02000x 狭心症、慢性虚血性心疾患 経皮的冠動脈形成術等あり 202 3.78 4.62 1.49% 71.25
050050xx99200x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 心臓カテーテルかつ血管内超音波 112 3 3.19 0% 72.32
050050xx99100x 狭心症、慢性虚血性心疾患 手術なし 110 3.03 3.03 1.82% 72.30
050130xx99000x 心不全 手術なし 86 17.77 17.71 10.47% 79.49
110280xx99000x 慢性腎炎症候群・慢性間質性腎炎・慢性腎不全 手術なし 50 6.18 12.23 0% 71.98

 

最も多い症例は、狭心症の経皮的冠動脈形成術や経皮的冠動脈ステント留置術を行う症例となっています。
腕や足の血管から心臓まで管を通し、病変を確認する心臓カテーテル検査入院や、心臓カテーテル検査に、超音波によって血管内の狭窄などを確認する血管内超音波検査を組み合わせる狭心症の検査入院も多くなっています。
心不全治療では、標準的な薬物治療に加え、積極的に心臓リハビリテーションを実施しており、心肺運動負荷試験に基づいて運動療法をおこなっています。
当科では、24時間365日体制で急性心不全や急性心筋梗塞などの循環器救急疾患に対応しております。

 

 

■神経内科

 

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 43 7.42 6.32 9.3% 55.89
010060×2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 0、1又は2 28 15.54 16.38 21.43% 72.5
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2なし 23 8.43 6.28 0% 70.65
010060×2990400 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病なし発症前Rankin Scale 3、4又は5 15 21.13 20.2 53.33% 72.33
010060×2990420 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等24あり 定義副傷病2あり発症前Rankin Scale 3、4又は5 14 34.36 34.18 92.86% 83.79


神経内科における入院医療の特徴は、ほとんどが緊急入院であり、てんかん重積発作や脳梗塞などの急性疾患を多く受け入れています。
脳卒中の急性期治療後は、リハビリテーションが長期にわたる為、奈良県脳卒中地域連携パスを運用し、地域の専門医療機関に紹介する為、転院率が高くなっています。
パーキンソン病、脊髄小脳変性症、重症筋無力症、多発性硬化症、スモン等、厚生省の認定する難病(特定疾患)の診療も多く、日本神経学会の教育関連病院に認定されており、専門医養成にも力を注いでおります。

 

 

■小児科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
100250xx99100x 下垂体機能低下症 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 118 3.14 3.71 0% 5.80
040100xxxxx00x 喘息 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 77 7.45 6.32 1.3 2.30
040090xxxxxx0x 急性気管支炎、急性細気管支炎、下気道感染症(その他) 定義副傷病なし 75 7.093 5.94 1.33% 1.37
040070xxxxx0xx インフルエンザ、ウイルス性肺炎 手術・処置等2なし 71 6.15 6.03 0% 2.49
0400801199x00x 肺炎等(1歳以上15歳未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 45 8.0 5.7 0% 3.04

 

小児科の入院で最も多いのは、低身長の負荷試験入院です。低身長外来でご相談を行い、入院で成長ホルモンの分泌を調べ、結果成長ホルモンが足りないと診断された場合の治療開始まで、医師、看護師、薬剤師がチームを組んで専門スタッフでフォローしています。
気管支喘息や肺炎、上気道炎、急性気管支炎、インフルエンザなどの急性疾患が多く、月10回小児科二次救急輪番にも協力し、小児救急患者を数多く受け入れています。
今回の集計からはDPC対象外の為、除外されていますが、食物アレルギーの負荷試験入院は、100例以上行っています。
その他にも、ネフローゼ症候群や紫斑病腎炎などの腎疾患、川崎病、てんかんなどの神経筋疾患、代謝障害など、小児外科と悪性疾患を除くほとんどの小児疾患を対象とし、奈良県北和地区医療圏における小児医療の拠点病院となっています。

 

 

■外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060335xx02000x 胆嚢水腫、胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 66 6.03 7.4 0% 63.06
060035xx01000x 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 結腸切除術 全切除、亜 52 13.71 15.61 5.77% 70.58
060035xx01000x 胃の悪性腫瘍 胃切除術 悪性腫瘍手術等 手術・処置等2なし 35 18.8 17.27 2.86% 72.51
060020xx02x0xx 膵臓、脾臓の腫瘍 膵頭部腫瘍切除術 血行再建を伴う腫瘍切除術の場合等 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 33 23.09 24.37 0% 67.76
060035xx03xxxx 結腸(虫垂を含む。)の悪性腫瘍 早期悪性腫瘍大腸粘膜 28 7.18 7.37 3/57% 71.5

 

胆嚢炎や胆石の患者に対し、低侵襲性外科治療として、腹腔鏡手術を行う症例が最も多く、早期退院が可能となっています。
胃癌、結腸癌、膵癌に対する手術入院も多く、膵臓切除にも腹腔鏡下手術を導入し高難度の外科手術を行っています。
外科、消化器外科の専門医・指導医が常勤医として診療を行い、食道・胃疾患・大腸・肛門疾患・肝臓・胆道・膵臓疾患の各エキスパートが、高度な外科手術を行っています。

 

 

■呼吸器外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040040xx97x0xx 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等2なし 88 13.35 12.35 2.27% 72.40
040200xx01x00x 気胸 肺切除術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 40 9.23 10.04 5% 35.95
040200xx99x00x 気胸 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 15 5.67 9.14 0% 36.73
040040xx97x10x 肺の悪性腫瘍 手術あり 手術・処置等21あり 21.34
040150xx97x00 肺・縦隔の感染、膿瘍形成 手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 31.43

 

最も多い症例は、肺癌手術を行う入院加療で、年間100件以上の悪性腫瘍手術を行っています。術後疼痛の軽減や入院期間の短縮などの患者負担の観点から、あらゆる手術に積極的に胸腔鏡下手術(補助下手術)を導入しています。
若い男性に多い気胸での入院も多く行っています。
日本人の死因の第一位は癌であり、癌死の中で肺癌は男性では第一位、女性でも第二位となっており増加しております。
呼吸器外科では、肺癌に対して術前後の化学療法や放射線治療も数多く行っています。

 

 

■心臓血管外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
050180xx97xxxx 静脈・リンパ管疾患 その他の手術あり 37 2.02 3.2 0% 68.68
050163xx02x1xx 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。) 腹部大動脈(分枝血管の再建を伴うもの)等 手術・処置等21あり 10 15.3 21.4 0% 73.7
050161xx9900xx 解離性大動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 17.95
050163xx03x10x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 ステントグラフト内挿術 手術・処置等21あり 定義副傷病なし 16.8
050163xx99000x 非破裂性大動脈瘤、腸骨動脈瘤 手術なし 手術・処置等1なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 8.4

 

平成29年度は、下肢静脈瘤の手術入院が最も多くなっています。
胸部大動脈瘤、腹部大動脈瘤に対する大動脈瘤切除術やステント手術を多数行っています。
平成30年4月より、心臓血管センターが創設され、本格的心臓手術が開始されました。循環器内科チームと一体となり、緊急手術も日夜を問わず行い、診療を行っています。

 

 

■整形外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折人工骨頭挿入術 肩、股等 53 28.94 27.63 75.47% 75.13
160800xx01xxxx 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 64 32.63 27.09 79.69% 78.27
070085xx97xxxx 滑膜炎、腱鞘炎、軟骨などの炎症(上肢以外) 手術あり 53 10.66 13.94 7.55% 41.32
160760xx97xx0x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病なし 24 6.04 5.21 4.17% 56.5
160690xx99xx0x 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 定義副傷病なし 17 22.82 19.94 58.82% 78.24
160835xx01xx0x 下腿足関節周辺骨折 骨折経皮的鋼線刺入固定術 前腕、下腿等 定義副傷病なし 12 17.08 22.27 33.33% 50.42

 

高齢の患者さんが、転倒などで大腿骨骨折し、手術する症例が最も多くなっています。
次いで、若年層のスポーツによるけがや障害に対する手術など、関節外科の手術症例が多くなっています。下肢関節外科については、これを専門分野とするとする医師が集まっており、先端医療を提供いたしております。中でも内視鏡をもちいたスポーツ整形外科、膝や足の外科には定評をいただき、トップアスリートからも信頼を得ております。

 

 

■脳神経外科

 

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010040x099x00x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 34 12.32 19.10 64.71% 70.97
160100xx97x00x 股関節大腿近位骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 33 7.36 9.68 30.30% 74.73
010070xx9910xx 脳血管障害 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 29 3.07 3.25 0% 72.28
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 手術・処置等1あり 手術・処置等2なし 24 2.5 3.14 0% 62.04
010010xx01x00x 脳腫瘍 頭蓋内腫瘍摘出術等 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 21 25.57 21.61 33.33% 61.48

 

当院は救命救急センターを擁しており、脳卒中(くも膜下出血・脳内出血・脳梗塞)患者が多く搬送されます。脳神経外科は救命救急センターと連携して、これらの救急疾患に対して、24時間体制で対応しています。
一方、脳神経外科としては、未破裂脳動脈瘤や頸動脈狭窄症などの脳卒中予防治療に特に力を注いでおり、多くの治療実績があります。
内科的治療を第一に考えますが、血管内手術や外科手術など様々な治療手段に対応しています。患者さんの立場に立って最適な治療を提案します。外科的治療が患者さんに有用と判断される場合には、トップレベルの技量をもって最新の機器を駆使し、安全で確実な外科治療を実践します。

 

 

■脊椎脊髄外科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
070343xx97x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 その他の手術あり 手術・処置等2なし 21 15.67 17.28 19.05% 75.05
070341xx020xxx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 20 23.55 22.08 20% 74.3
070343xx99x1xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等21あり 14 3.14 2.93 0% 70.93
070350xx97xxxx 椎間板変性、ヘルニア その他の手術 16.53
070343xx01x0xx 脊柱管狭窄 腰部骨盤、不安定椎 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術、前方椎体固定等 31.22

 

脊椎脊髄外科で最も多いのは、腰部脊柱管狭窄症や腰椎すべり症による手術入院で、保存的治療に抵抗性の症例に対して、すべりや不安定性の程度に応じて術式を考慮し、手術を行っています。
頸椎症や頸椎症性脊髄症に対する手術症例も多く治療しています。

 

 

■皮膚科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2なし 16 5.44 8.5 0% 75.56
080011xx99xxxx 急性膿皮症 手術なし 16 15.38 11.73 12.5% 70.75
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 16 8 8.95 0% 68.69
080190xxxxxxxx 脱毛症 12 3 3.6 0% 33
080007xx010xxx 皮膚の良性新生物 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)等 手術・処置等1なし 10 4 4.14 0% 46.1

 

皮膚癌、急性膿皮症、帯状疱疹の入院が多くなっています。
皮膚癌は、奈良医大皮膚科と連携して正確な病理診断を行い治療を決定し、手術に際し、形成外科的手技を駆使して、根治性、整容面、機能面を考慮した術式を選択しています。
急性膿皮症とは、丹毒や蜂窩織炎などの皮膚の細菌感染症に対する緊急入院です。
帯状疱疹は、痛みを伴う紅斑や水疱の症状が現れます。重症例では、潰瘍や疱疹後神経痛が持続する可能性が高くなることから緊急的に点滴治療を要するものとして入院加療を行っています。

 

 

■泌尿器科

DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110070xx0200xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術あり 100 7.49 7.31 1% 73.88
110080xx01x0xx 前立腺の悪性腫瘍 前立腺悪性腫瘍手術等あり 68 13.42 12.92 0% 68.92
110280xx02x00x 慢性腎不全 内シャント設置術あり 23 2.17 8.5 0% 65.48
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術等あり 22 5.09 5.75 0% 65.68
110070xx99x20x 膀胱腫瘍 手術なし 化学療法あり 21 7.38 11.31 0% 71.57

 

泌尿器科では、膀胱癌の経尿道的手術が最も症例数が多い術式となっています。
2013年から奈良県初の手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)を導入し、前立腺癌の手術を多数多く行っています。
又、腎腫瘍や副腎腫瘍に対する、腹腔鏡下手術を行う症例も増加しています。

 

 

■産婦人科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
120170xx99x0xx 早産、切迫早産、多胎妊娠 手術なし 114 17.86 20.41 7.89% 31.59
12002xxx99x40x 子宮頸・体部の悪性腫瘍 手術なし 処置2:化学療法ありかつ放射線療法なし 58 4.53 4.98 0% 62.22
120260xx01xxxx 遷延分娩、子宮収縮不全、癒着胎盤、弛緩出血、胎児心音異常 帝王切開術あり  55 8.27 9.67 0% 34.24
120180xx99xxxx 分娩予定日超過、前期破水、羊水過多 手術なし 51 3.61 6.7 3.92% 33.31
120170xx01x0xx 早産、切迫早産、多胎妊娠 帝王切開術あり 41 32.29 31.42 0% 33.66

 

24時間体制で母体緊急搬送を多く受け入れ、切迫早産などの入院が最も多い症例となっています。
ハイリスク妊娠の方が分娩に到った場合、産科医とともにNICUの医師も立ち会い、新生児は出生直後より治療が開始されます。産科部門と小児科部門が連携し、母体・新生児の一貫した治療を行えるよう同じフロアーに配置し、周産期母子医療センターとして、一体的に運営しています。
総合病院である強みを生かし、産婦人科単科では対応困難な合併症をもつ妊婦さんへの治療や、婦人科悪性疾患手術の際に外科系診療科(外科、泌尿器科、胸部外科など)と連携し、婦人科臓器以外の他臓器の合併切除も数多く手がけています。
地域周産期母子医療センターおよびがん診療連携拠点病院としての役割を果たしています。

 

 

■耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030428xxxxxxxx 突発性難聴 53 8.45 9.18 05% 57.89
030350xxxxxxxx 慢性副鼻腔炎 40 6.4 7.23 0% 58.23
030440xx01xxxx 慢性化膿性中耳炎・中耳真珠腫 鼓室形成手術 35 11.37 8.9 0% 57.86
030230xxxxxxxx 扁桃、アデノイドの慢性疾患 34 8.09 8.01 0% 18.47
030240xx99xxxx 扁桃周囲膿瘍、急性扁桃炎、急性咽頭喉頭炎 手術なし 31 6.06 5.48 0% 40.35

 

最も多い症例は、突発性難聴での入院で、ステロイドと血流改善薬の点滴などの早期の治療が重要となります。
次いで多いのは、慢性副鼻腔炎での入院で、低侵襲な内視鏡下副鼻腔手術を行っています。
慢性中耳炎に対して鼓室形成手術入院や、扁桃.アデノイド肥大、扁桃炎などに対しての扁桃摘出術を数多く行っています。

 

 

■耳鼻咽喉科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010070xx02x1xx 脳血管障害 経皮的頸動脈ステント留置術あり 手術・処置等21あり 15 6.13 19.79 6.67% 75.13
010030xx03x00x 未破裂脳動脈瘤 脳血管内手術あり 9.95
010030xx9910xx 未破裂脳動脈瘤 手術なし 動脈造影カテーテル法あり 3.14
010070xx02x0xx 内頸動脈狭窄症 経皮的頸動脈ステント留置術あり 処置なし 10.05
010020x002x1xx くも膜下出血、破裂脳動脈瘤 JCS10未満 穿頭脳室ドレナージ術等 処置2:人工腎臓等 41.03

 

放射線科では、日本医学放射線学会および日本放射線腫瘍学会で認定された経験豊富な放射線診断専門医・放射線治療専門医が、いろいろな画像検査(CT, MRI, アイソトープ検査、消化管バリウム検査等)から得られた画像を使って、患者さんの病気(症状)の原因を診断しています。
診断技術を応用して、今までは外科手術により治療されていた病気をカテーテルという細い管で低侵襲(身体に優しい)で治療しており、内頸動脈狭窄症や、脳動脈瘤、硬膜動静脈瘻での入院症例が多くなっています。
又、上記の表には、記載されてませんが、他科入院癌患者さんに、放射線を照射して悪性腫瘍(がん)も数多く治療しています。

 

 

■救急科

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
161070xxxxx00x 薬物中毒(その他の中毒) 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 37 2.62 3.58 5.41% 44.13
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 28 7.5 7.34 10.71% 46.68
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 22 6.95 9.68 40.91% 57.36
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 18 5.56 6.32 11.11% 64.67
040081xx99x00x 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 14 10.64 20.83 57.14% 82.42

 

頭部外傷、多発交通外傷、薬物中毒など、脳血管疾患、大動脈疾患等、24時間365日、軽症から重症まで幅広く、平成29年度は5000台以上の緊急搬送を受け入れ、迅速かつ適切な医療を提供しています。

 

 

■新生児集中治療部

DPCコード DPC名称 患者数 平均在院日数
(自院)
平均在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
140010x199x00x 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等2なし 定義副傷病なし 147 2.38 6.18 0.68% 0
140010x199x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重2500g以上) 手術なし 手術・処置等21あり 38 9.78 11.5 31.58% 0
140010x299x1xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等21あり 36 21.28 23.51 8.33% 0
140010x299x2xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等22あり 32 23.69 27.18 0% 0
140010x299x0xx 妊娠期間短縮、低出産体重に関連する障害(出生時体重1500g以上2500g未満) 手術なし 手術・処置等2なし 31 2.29 11.49 0% 0

 

最も多い症例は、奈良県周産期医療システムの基幹病院として、高度な専門的医療を要する生まれてまもない早産児、病的新生児、一過性多呼吸や帝切症候群の加療となっています。
周産期母子医療センターとして産婦人科と連携し、病的新生児の治療と、母子間愛着形成の支援を行っています。
他の産科施設で出産した赤ちゃんや、胎児や妊婦の状態が急変したために、緊急母体搬送された後に出産される赤ちゃんも受け入れています。

 

初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数

ファイルをダウンロード

 

初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 70 13 16 81 1 7
大腸癌 42 29 23 24 21 22 1 7
乳癌 1 7
肺癌 77 18 54 114 267 1 7
肝癌 22 36 15 15 89 1 7

 

※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約

5大癌とは、発症症例が多いとされる胃癌・大腸癌・肺癌・肝癌・乳癌のことで、癌の進行度とひろがりを分類しています。
平成20年に地域がん診療連携拠点病院として指定され、平成22年には集学的がん治療センターを開設し、ロボット支援手術・腹腔鏡手術等の手術だけでなく、化学療法や放射線療法なども行い、幅広い「がん」に対する治療を積極的に行っています。
「がん」に対する専門スタッフがいろんな面でサポートし、緩和ケア、疼痛管理にも取り組んでおり、Ⅲ期やⅣ期といった患者さんについても数多く診療しています。

 

成人市中肺炎の重症度別患者数等

ファイルをダウンロード

 

患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 23 8.7 56.43
中等症 111 15.05 78.05
重症 13 20.77 84.23
超重症 4 12.75 82
不明 0 0 0

 

成人市中肺炎とは、20歳以上の患者さんが、普段の生活の中で罹患した肺炎といいます。
軽症患者さんの平均年齢は50代ですが、中等症以上になると70代以上となり、高齢になるほど重症になることが分かります。

 

脳梗塞の患者数等

ファイルをダウンロード

 

発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 184 23.53 74.89 42.34
その他 38 56.87 77.55 7.21

脳梗塞の病型別の患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計しました。
脳梗塞は早期に治療を行うことが効果的とされています。当センターでは積極的に救急患者さんの受け入れを行っています。

 

 

診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)

ファイルをダウンロード

 

■消化器内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K688  内視鏡的胆道ステント留置術 105 3.17 12.56 6.67% 76.21
K654 内視鏡的消化管止血術 内視鏡的消化管止血術 98 3.76 13.65 9.18% 70.19
K6152 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈化学塞栓術 血管塞栓術(頭部、胸腔、腹腔内血管等)(選択的動脈) 71 1.48 8.54 4.23% 73.5
K6532 内視鏡的胃ポリープ・粘膜切除術(早期悪性腫瘍粘膜下層) 44 1.98 4.73 0% 74.11
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2センチメートル未満) 40 9.75 2.83 2.5% 76.15

 

手術数が多い内視鏡的胆道ステント留置術は、胆道疾患や膵臓疾患により狭窄した胆道を、チューブで拡張し、胆汁の流れをよくする手術になります。出血性胃潰瘍などの内視鏡的止血術も多く、救急患者を多く治療しています。
肝動脈化学塞栓術とは、肝細胞癌を栄養している肝動脈内にカテーテルを挿入し,肝動脈内に抗癌剤と塞栓物質を投与して血流を遮断し、兵糧攻めにして癌を死滅させる手術になります。
当センターは、奈良県内の肝癌拠点病院としての役割を担っています。

 

 

■循環器・腎臓内科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他のもの) 159 3.58 3.25 5.03% 72.03
K5463 経皮的冠動脈形成術(その他のもの)  48 1.60 2.58 0% 72.83
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症に対するもの)  42 0.12 8.67 9.52% 71.38
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞に対するもの)  39 0 15 2.56% 69.54
K6002 大動脈バルーンパンピング法(IABP法)(1日につき)(2日目以降) 38 6.26 16.37 26.32% 68.79

 

循環器内科では、虚血性心疾患(狭心症や心筋梗塞)に対する、経皮的冠動脈ステント留置術、経皮的冠動脈形成術など、心臓カテーテル治療症例が多くなっています。心臓カテーテル治療は、腕や足の血管から心臓まで管を通し、病変を治療します。緊急治療を要する心疾患患者を多く受け入れています。

 

 

■小児科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k7151 腸重積症整復術(非観血的なもの)    10 0 3.8 0% 0.8
K384-2 深頸部膿瘍切開術
K653-3 内視鏡的食道及び胃内異物摘出術

 

2歳以下の乳児に多く見られ、特に生後4ヶ月~1歳までに起こりやすい腸重積の整復術など、緊急の手術をおこなっています。

 

 

■外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k6335 ヘルニア手術(鼠径ヘルニア)  106 1.31 1.86 0% 69.08
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術  78 1.26 4.76 0% 62.54
K719-3 腹腔鏡下結腸悪性腫瘍切除術    52 3.42 11.69 9.62% 70.25
K721-4 早期悪性腫瘍大腸粘膜下層剥離術 37 2.11 5.32 5.41% 70.46
K7193 結腸切除術(全切除、亜全切除又は悪性腫瘍手術)   31 5.29 25.55 9.68% 71.06

 

最も多いのは鼠径ヘルニアの手術です。
次いで多いのは、胆嚢炎や胆石の患者さんに対し、低侵襲性外科治療として、腹腔鏡手術を行う症例が多くなっています。
消化器外科かつ大腸肛門病の専門医が主として担当する大腸癌手術も多く行っています。
当センターは、患者さんへの負担が少ない腹腔鏡下手術を、膵臓切除にも導入しています。
平成29年度からは、胃癌、直腸癌に対してのロボット支援下手術も開始しています。

 

 

■呼吸器外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k5131  胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除によるもの)) 54 5.15 4.74 3.7% 41.96
K514-23 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(肺葉切除又は1肺葉を超えるもの)   47 2.36 10.28 4.26% 71.79
K514-21 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(部分切除)  21 3.57 9.29 4.76% 74.14
K514-22 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(区域切除)   20 3.25 17.4 5% 74.5
k5132 胸腔鏡下肺悪性腫瘍手術(その他のもの)  

 

当センター呼吸器外科では、肺癌や気胸に対し、胸腔鏡を用いて、開放創を小さくし、患者さんの負担を軽減する胸腔鏡下手術を多く行い、全国平均より短い期間で退院することができています。年間100件以上の肺癌、縦隔腫瘍手術を行っています。

 

 

■心臓血管外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
k617-4 下肢静脈瘤血管内焼灼術     37 0 1.03 0% 68.68
K923 術中術後自己血回収術(自己血回収器具によるもの)  13 6.08 14.36 7.69% 74.23
K5607 大動脈瘤切除術(吻合又は移植を含む。)(腹部大動脈(その他のもの))   12 6.33 14.67 8.33% 74.67
K5612 ステントグラフト内挿術(腹部大動脈)
k6173 下肢静脈瘤手術(高位結紮術)

 

最も多い手術は下肢静脈瘤に対する手術です。
弁膜症に対する形成術や、冠動脈バイパス術、大動脈瘤手術に対して、人工血管置換術やステントグラフト手術、人工血管置換術とステント治療を組み合わせるハイブリット治療など多く行い、大動脈弁狭窄症や僧帽弁狭窄症に対しての弁置換術など高難度手術症例も増えてきています。

 

 

■整形外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕・大腿) 50 6.78 22.32 46% 68.72
K0462 骨折観血的手術(前腕・下腿) 44 6.95 13.84 29.54% 64.52
K066-22 関節鏡下関節滑膜切除術(足) 39 1.18 5.08 0% 31.77
K0483 骨内異物除去術(下腿・前腕) 34 1.06 4.2 0% 47.41
K0811 人工骨頭挿入術(股) 34 7.76 27.68 91.18% 82

 

内科的合併症をお持ちの方も多い高齢者の転倒などによる大腿骨折手術が多く、転院率が高くなっています。
若年層のスポーツによるけがや障害に対する手術など、関節外科の手術症例が多くなっています。
変形性関節症やリウマチ疾患の患者様に対しましては、痛みのない、より豊かな生活を取り戻していただくため、患者様個々の病状に合わせた細やかな適応の下、関節形成術、骨切り術、人工関節形成術などを行っております。

 

 

■脳神経外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫穿孔洗浄術   57 1.79 10.19 24.56% 75.60
k1692 頭蓋内腫瘍摘出術(その他のもの) 34 9.06 25.44 23.53% 62.59
K1771 脳動脈瘤頸部クリッピング(1箇所)    25 1.2 32.48 52% 60.52
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭して行うもの)(脳内のもの)    23 1.48 34.22 100% 67.78
K1742 水頭症手術(シャント手術)  21 24.43 25.62 80.95% 71.71

 

脳神経外科で最も高頻度の疾患である慢性硬膜下血腫に対する穿頭血腫洗浄術が最も多い手術です。ご高齢の方の疾患で、局所麻酔で行える簡便な手術です。
脳動脈瘤頚部クリッピング術は、未破裂脳動脈瘤症例とくも膜下出血発症例とがあります。術中モニタリング等を行い安全な手術を実践しています。くも膜下出血例の多くは救命救急センターへ搬送される重症例です。
地域の基幹施設として多くの脳腫瘍手術の実績があります。最新の手術顕微鏡やナビゲーションシステム等を駆使して、安全確実な手術を実践します。症例に応じてガンマナイフ治療などの手術以外の治療も選択します。

 

 

■脊椎脊髄外科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0583ロ 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術あり 29 3.28 17.97 24.1% 71.14
K1425 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓切除)   25 3.68 15.2 24% 72.44
K1426 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(椎弓形成)    22 2.91 19.86 22.73% 75
K1422 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方又は後側方固定)     10 8.7 28.5 50% 62.4
K1423 脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術(多椎間又は多椎弓の場合を含む。)(後方椎体固定)     

 

当センター脊椎脊髄外科では、後縦靱帯骨化症や脊柱管狭窄症、頸椎症などに対する脊椎固定術、椎弓切除術、椎弓形成術が多く行われています。

 

 

■皮膚科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除)  19 0.42 3.63 0% 76
K0052 皮弁作成術・移動術・切断術・遷延比弁術
K0062 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部以外)(直径3cm以上、6cm未満)
K0051 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm未満)
K0063 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(直径2cm以上、4cm未満)

 

当センター皮膚科では、皮膚癌に対する腫瘍切除手術が最も多い症例となっています。県内外からの診療所や他病院から紹介される重症疾患、緊急疾患を受け入れ、症状によっては非常勤の形成外科専門医と協同して手術を施行しています。

 

 

■泌尿器科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用のもの)     113 1.27 5.33 0.88% 74.14
K843-4 腹腔鏡下前立腺悪性腫瘍手術(内視鏡手術用支援機器を用いるもの) 68 1.09 11.29 0% 68.8
K768 体外衝撃波腎・尿管結石破砕術(一連につき)   29 0 1 0% 60.72
K773-2 腹腔鏡下腎(尿管)悪性腫瘍手術  27 1.08 12.73 7.4% 72.35
K7811 経尿道的尿管結石除去術 23 3.17 0% 65.39

 

泌尿器科では、膀胱癌の経尿道的手術が最も症例数が多い術式となっています。
2013年から奈良県初の手術支援ロボット(ダ・ヴィンチ)を導入し、前立腺癌の手術を多数多く行っています。
又、腎腫瘍や副腎腫瘍に対する、腹腔鏡下手術を行う症例も増加しています。

 

 

■産婦人科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K8982 帝王切開術(選択帝王切開) 88 10.5 6.4 0% 35.5
K8981 帝王切開術(緊急帝王切開)  72 6.5 7.2 0% 32.9
K8882 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(腹腔鏡によるもの)   58 1 4.5 0% 42.1
K8881 子宮附属器腫瘍摘出術(両側)(開腹によるもの)  36 2.6 7.8 0% 51.1
K867 子宮頸部(腟部)切除術    22 1.1 2 0% 50.1

 

奈良県の産婦人科基幹病院として、様々な合併症をもったハイリスク妊婦の患者さんの帝王切開術が最も多い手術となっています。
又、婦人科部門で、子宮筋腫、子宮内膜症の保存的治療、腹腔鏡や子宮鏡を使用した低侵襲手術を積極的に導入しています。卵巣癌や子宮癌に対して、消化器外科や泌尿器科の協力のもと積極的な摘出術も多く行っています。

 

 

■眼科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K2821ロ 水晶体再建術(眼内レンズを挿入する場合)(その他のもの)    14 0.14 1.14 0% 67.86
K2801 硝子体顕微鏡下離断術(網膜付着組織を含むもの)
K2802 硝子体顕微鏡下離断術(その他のもの
K2683 緑内障手術(濾過手術)
K2172 眼瞼内反症手術

 

高齢化による白内障手術での入院が最も多く、最新の機器を用いて、精度の高い手術を行っています。多焦点眼内レンズにも対応しております。
角膜剥離、糖尿病網膜症、各種黄斑、網膜硝子体疾患、緑内障、眼瞼下垂での入院にも、最新の設備、機器を備えて対応しております。

 

 

■耳鼻咽喉科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K3772 口蓋扁桃手術(摘出) 81 1 6.17 0% 22.78
K347-5 内視鏡下鼻腔手術1型(下鼻甲介手術) 48 1 4.2 0% 45.4
K319 鼓室形成手術  36 1.17 10.72 0% 58.33
K305 乳突削開術  33 1.18 11.18 0% 60.97
K309 鼓膜(排液、換気)チューブ挿入術   27 1 1.3 0% 6.11

 

耳鼻咽喉科では扁桃肥大、扁桃炎などに対しての扁桃摘出術が、最も多い多い手術となっています。
鼻内内視鏡手術、中耳炎に対しての鼓室形成術も多数行い、クリニカルパス導入により、短期間入院となっています。

 

 

■放射線科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術  17 1.06 6.29 5.88% 74.88

 

放射線科では、診断技術を応用して、脚の付け根の血管からカテーテルを挿入し、首の血管まで進め、バルーンカテーテルと呼ばれる風船状の器具にて細くなった血管を広げ、ステントと呼ばれる金属の網状の筒のような治療器具にて血管を広げる頸動脈ステント留置術を行っています。

 

 

■救急科

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K386 気管切開術  23 8.73 29.70 56.52% 76.22
K0462 骨折観血的手術(下腿)  12 8.41 65.42 91.67% 62.17
K6002 大動脈バルーンパンピング法
K1422 脊椎固定手術、椎弓切除術、椎弓形成術
K6022 経皮的心配補助法

 

最も多い手術は、急性呼吸不全をおこした患者さんに、気管切開術となっています。
24時間365日軽症から重症までの様々な救急患者を受け入れており、多発外傷、心臓疾患、急性腹症など様々な疾患に対して手術を行っています。

 

 

■新生児集中治療部

Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K9131 新生児仮死蘇生術(仮死第1度のもの)  12 0 24.83 16.67% 0
K9132 新生児仮死蘇生術(仮死第2度のもの) 

 

出生時にアプガースコアという判断基準に基づき判定を行い、保温や気道確保、呼吸管理を行う新生児仮死蘇生術が最も多く,次いで、気管挿管を要する仮死2度への新生児仮死蘇生術が多くなっています。


 

その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)

ファイルをダウンロード

 

DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一
異なる 29 0.28
180010 敗血症 同一 15 0.14
異なる 26 0.25
180035 その他の真菌感染症 同一
異なる
180040 手術・処置等の合併症 同一 32 0.31
異なる

 

この指標は、医療の質の改善に質するため、臨床上ゼロにはなりえないものの、少しでも改善すべきものとして、播種性血管内凝固症候群、敗血症、真菌症、手術・処置の合併症について、入院のきっかけとなった入院契機病名と最も医療資源を投入したと推測される病名との同一性の有無を区別して、対象患者数と請求率を示したものです。

 

 

更新履歴
2018/9/25
診療受付のご案内

TEL 0742-46-6001

■ 診療受付日

曜日~曜日

(土,日,祝祭日,年末年始を除く)

■ 受付時間

午前830
 午前1100