男性看護師
Nurseman

インタビュー ナースマン編
自分のキャリアを磨く!活かす!

インタビュー ナースマン編 自分のキャリアを磨く!活かす!

 

看護主任A:
他の病院で5年の経験後、キャリアアップのために当センターに入職

 

診療看護師B:
診療看護師の資格取得後、資格を活かせる環境での仕事を希望し、当センターに入職

 

当センターを選んだ理由は?

 

自分のキャリアを活かす

 

B:もともと、他の病院の手術室で働いていたんですけど、3年目くらいの時に心臓血管外科のチームを立ち上げるので来ないかという誘いを受けて、大阪の病院に3年間務め、心臓血管外科の手術室担当という形で立ち上げ、結婚を機に奈良に戻り、そのころから物足りなさを感じ始めていたんです。手術室の中だけの枠組みで部署ごとに区切られている体制があんまり好きではなく、他の病院を見て外来にも手術室にも病棟にも行く看護師の働き方を知り、自分にもできる何かがないかなと探していた時に診療看護師(NP)というのを知り、大学院へ行こうと決め進学しました。診療看護師は、各診療科の医師と同じチームに入りながら、外来も見るし、病棟もICUも見るというドクターチームで動くという理想なところが見えてそこに進むことに決めたんです。大学院の2年間が終了し、診療看護師の資格取得後、前の病院では、システムが追い付いていなかったことと、チーム医療の体制が整っていなかったことから、自分らしく働ける職場を探していました。奈良県総合医療センターはチーム医療の意識が高いと思います。ここでなら、診療看護師という資格を活かして、外来から退院までを見る、組織横断的に活動できるシステムに対する受け入れがよく、自分のめざすことを実践できると思いました。

 

 

自分のキャリアを磨く

 

A:僕は、新卒でほかの病院に就職してから、5年くらい経った時に、自分の視野が狭くなっていっているように感じながら、モヤモヤしたまま働いていたんです。そのころ、当時の師長に大学に行くことでキャリアの視野も広がるのではないかというアドバイスをもらったことと、自分が看護師としてどういう風な道に進むのかと迷っていたこともあって大学に進学しました。大学に進学後、もう少し、規模の大きい病院で自分のキャリアを高めようかと思いこのセンターに就職しました。その後、臨床指導者として学生指導を2年経験し、今年から看護主任となって、これまで人を指導するというのが苦手なタイプ、自分の感情を出すのが僕は苦手だったんです。男性看護師ということもあって周りから一歩引いて接しているようなところがあったというか・・・。特に前の病院では、僕が初めての新人の病棟の男性看護師だったので、周りが戸惑っているのを感じていて・・・。ここは、結構男性看護師もいたので、すごく接しやすく、馴染みやすかったし、僕のキャリアをバックアップしてくれるような先輩の目が合ったので、指導者に推薦してもらえたりして、徐々に自分に求められていることが見えてきた。自分のタイミングやそういう立場にあるんだなという自覚から、指導者に行かせてもらうと今度は自分の弱点が見えてくる。今まで自分が逃げていたところ、指導するとかリーダーシップをとっていくとか自分が苦手だったところがこの病院に来てから磨かれたというか、いろいろ教えてもらったなと思って、今は、楽しくさせてもらってます。

 

B:先輩がいるっていいですよね。

 

 

お二人の現在の役割とお仕事内容は?

 

A:この4月から、看護主任として、移転もあり、看護師長も変わって、1つは、自分の役目として、もちろん患者さんが安全安楽に過ごせるように看護の質を底上げするっていうこと。もう一つは、病院の理念があって、それを踏まえて看護師長がこういう病棟にするっていう思いとスタッフの思いというのをしっかりすり合わせて、自分が架け橋になって、みんなが一致団結出来て働きやすい職場にすることが自分に求められている役割かなって思います。自分も昨年まではスタッフとして働いていたので、どうしてもスタッフよりの考えになってしまうところがあります。スタッフが師長の言っていることを理解するのに時間がかかってしまうのはよくわかる。また、少し管理の目で見ると師長の言っていることがよくわかる。主任として、師長の思いをスタッフにどのように伝えようかとか、どんな風にスタッフの思いを師長に伝えようかというところが今の難しさです。あとは、移転(病棟編成)の都合で、これまで一緒に働いていなかったスタッフ同士が働くことになったので、やり方も違うし、お互いの大切にしているところとかもちょっとずつ違うので、看護の統一性がない所もあったので、具体的に言うと、マニュアルを作ったり、手順を作ったり、スタッフからアンケートをとってみんながしたい方にしていこうと決めたりとか、自分の病棟はみんな控えめなスタッフが多いので、役割を担ってもらって責任をもってスタッフがとり組めるようにしているところです。

 

B:すごく、働きやすそうな職場だなって思いました。あんまり、男性の管理職って多くないじゃないですか?でも、男性の管理職がいると雰囲気がやんわりするというか、言いやすそうっていうイメージがあります。NPって、奈良県に今のところ僕しかいないんです。働き方って、いろんな病院で微妙に違うんですよね。内科系に配属されていたり、外科にがっつり入っていたりとか、あとは、看護師として働いていたりとか・・・。ここに就職して、すごくいいのは、看護部配属なのにそのまま心臓血管外科のチームで医師と一緒に動けるのがメリットだと思ってます。今は、今日も外来に行っていたんですが。例えば、手術前の患者さんで喫煙をしているとかアルコールの量がすごいとか、高血圧のコントロールができてないとか、そういった生活習慣病のリスクを持っている人に対して、こういうリスクがあるからこの際だからやめましょうというような指導をしたりとか、手術前にリスクになるよう様なことは下げておかないと周術期のリスクが上がっちゃうんで、合併症を減らすためにも、そういうところに手術前からアプローチしています。入院してからは、患者さんが治療方針とか、医師とかって意外と簡単に「うまくいってるから」とか「血液検査問題ないから」とかって言って、具体的な説明を省くときがあるんです。医師によっても違うんですが、治療に対する理解度って患者さん一人ひとり違うんで、「今こういう状態で明日検査します」とかって、丁寧にかみ砕いて説明する人がいた方がいいのかなって思うので、そういう役割を自分が担っています。
患者さんの身体診察をして、異常があったら医師に報告しますし、異常がなければ、「今はこういう状態で検査結果はこうだし」って時間をかけて説明するようにしてます。患者さんからも説明分かりやすいって言ってもらえますし、退院した後も外来で顔を覚えてくれていて、相談したいんだけどって言ってもらえることも多いんで、自分のアプローチはそんなに間違っていないのかなって思っています。後は、各部署で、看護のアドバイスをしたり、転棟することで情報が途絶えることもあるので、そういうところでもフォローできるように動いています。

 

A:外来から関われるって、患者さんにとってはとても安心できますよね。

 

B:僕も、以前は手術室にずっとこもっていたので、外来で術前から関わっていると、入院した時も覚えてくれているし、退院した後も指導がすごくしやすいんです。関係性が入院中にできるので、そういうところがすごく楽しいなって思います。看護の視点をもってこの患者さんの生活をどう持っていくのかということについて、医師だけでは抜けてしまうこともあるので、そこが抜けないようにしています。

 

 

インタビュー ナースマン編 自分のキャリアを磨く!活かす!

 

 

教育体制についてどう思いますか?

 

A:前の病院の時も、教育体制がしっかりしているよねって言われている病院だったんですが、僕はそこしか知らなかったんで、そんなもんなのかなって思ってたんですけど、ここへ来た時に教育担当で看護師長が一人いてるっていうのがまずすごいなって思って、あんまりそういう病院を聞いたことがなかったし、僕が教育にかかわるようになった時には教育師長がいて、前の病院だと教育で困ったこととか、所属の師長には相談するが、集合研修とか委員会の一環でやっているからなんか統一性がなかった印象があった。それが、ここでは、1年生から2年生とバンビナースサポートシステムがあって、そのあとも事例研究や看護研究とか教育の専門の師長に相談できるのはすごいなって思ってます。僕は、最初の5年くらいは伸びる時期なので、やっぱりその時期にしっかりと教育してもらえるというのはすごくいい病院だと思うし、育てられたスタッフもどこの病院に行っても自信をもって看護できるし、病院としても、ずっと長く働いてもらうために人材育成するということはメリットがあることだと思う。僕は、そういう体制を見ていたら、正直、1年目からここがよかったなって思います。今の、バンビナースとかを見てたら、すごく羨ましく感じますね。

 

 

既卒看護師の方への教育については?

 

A:僕がここに就職するときには、県立だから少し風通しが悪いとかっていう話も聞いてたんですけど、実際来てみたら、全然そんなこともなくて、もともといてる人は外から来た人の意見を聞く方が刺激になるって言ってくれてる人も多くて、自分の意見をどんどん言えるような環境でもあったので、自分の意見を取り入れてもらえたりして、そういう意味ではイメージと違ってました。

 

B:僕の先輩がいて、「働きやすいよ」とは聞いていて、でも「やっぱり県立やから、かたい所もあるよ」とは聞いていたんです。僕は、部署に固定では働いていないので、硬すぎるというような印象はなくて、どちらかといえば柔軟にその場で対応しているという印象ですかね。新人さんもよく頑張っているし、教育もその場でちゃんと教えているし、学生への対応も見ていてすごく丁寧だと思います。学生が見学に来ていても、すごく丁寧に対応していて、いいなと思います。既卒の人も、受け入れてもらいやすい環境だと思います。

 

 

男性看護師の皆さんへのメッセージは?

 

今の習慣が未来の自分を創る

 

B:僕は、リソースナース室で好きなこと言ってますし、更衣室とかでも話しかけてもらえたり、雰囲気的には仲良くできますし、やりやすく、居心地はいいと思います。気軽に話せるって大事じゃないですか、普段のこととか、僕は、後輩の勉強分からないんですとかいう話を聞くのが好きで、だから、後輩が声をかけてきてくれると時間をかけて説明するし。声をかけてもらえることで居心地がいいのかなと思います。僕は、NPの後輩を作っていかなくてはいけないんで、そういう活動をしていこうかなと思ってます。
僕は、若いころから10分間勉強するという習慣を持っていて、後輩たちには必ず5分でも1分でもいいからわからないことをその場で調べるという習慣を持ってほしいと思うし、そういう習慣が未来の自分を作ると思います。

 

 

自分らしく患者さんに接するようにしてほしい。

 

A:僕は、ずっと病棟しか知らなかったので、患者さんからしたら男性看護師に出会うことも少ないし、患者さんから男性看護師は初めてですと言われることもあった。同じ行動をしていても男性の方が目立って、変に伝わってしまうこともあるし、いい意味でも悪い意味でも印象に残りやすかったりするので、うまく接しないと自分がしんどくなってしまうこともあるので、そういう距離感とか、しっかり感性を働かせて感じ取れるような看護師になってほしいと思っていますし、学生や後輩に自分の経験からこういう風に悩んだことがあるよとかを伝えていくようにはしています。男性看護師だからという壁にぶち当たることもあると思うから、その時に何かアドバイスできればと思っています。そういう相談が男性看護師の先輩がいないとなかなかできないので、僕の時にはそういう人がいなかったから、僕がそういう存在になれたらいいかなと思います。
A/B:男性看護師が増えて、一緒に働けることを楽しみにしています。

 

お二人が男性看護師のロールモデルとして、後輩のキャリアビジョンとなる先駆者としてのご活躍を期待しています。