挨拶・理念
Message

副院長兼看護部長挨拶

副院長兼看護部長 杉元 佐知子

奈良県総合医療センターは県民の皆様と共に歩んできた歴史のもと、平成30年春に新総合医療センターの開院という進化を続けてきました。私たちは、県民の方々の健康維持に貢献し、安心できる医療を提供し、選ばれる総合医療センターの看護部を目指しています。看護部門はプロフェッショナルとしての発展を支えるベく看護職のキャリアに応じた教育システムを用意しております。新人看護職員となられる方々も、医療経験のある方々も共に学びを重ねていきませんか。皆様の新しいこれからを、新しい総合医療センターとともに歩んでいきましょう。

副院長兼看護部長 杉元 佐知子

 

 

看護部理念

「いのちを大切にし、人権を守り、一人ひとりを尊重する看護をめざします」
豊かな感性と温かい人間性を基盤に、専門職として自分の立場や役割を自覚し、より水準の高い看護を提供し、その責務を果たすよう努めます。

 

基本方針

専門職として自分の立場や役割を自覚し、より水準の高い看護を提供し、その責務を果たすよう努めます。

 

1.看護の質を保障し患者サービスの向上をはかる。
 1)患者の安全を守り医療事故の防止に努める。
 2)快適な療養環境を整える。
 3)接遇マナーの向上をはかる。
 4)看護活動をとおして、地域に貢献する。

 

2.現任教育を充実し専門職としての資質の向上をはかる。
 1)自己学習や研究意欲の高揚に努める。
 2)研修会参加の推進を図る。

 

3.病院経営の健全化に貢献する。

 

 

看護部目標

看護部

支えあい あふれる笑顔で チーム医療

 

  1. 安全で安心な質の高い看護の提供
    看護の原点にかえり
     1)基本に忠実な看護
     2)気持ちが伝わるこまやかな看護
  2. 「人が育つ」職場づくり
     1)オープンな対話で、へだてのない職場
     2)“やりがい”について共に考える職場
     3)安心して働ける職場

 

看護部集合写真