1. ホーム
  2. 診療各科・各部のご案内
  3. 薬剤部

薬剤部

薬剤部紹介

薬剤部では、患者さんに適切で安全な薬物療法を受けていただけるよう、薬に関する様々な業務を行っています。薬の専門家としての知識を生かし、医療チームの一員として患者さんに満足していただける医療を提供できるよう努めています。
病棟回診やカンファレンスにも参加し、がん化学療法、栄養サポート、緩和ケア、感染制御、糖尿病、腎臓病、すこやか褥瘡、医療安全など様々なチームに参画してます。医師や看護師をはじめとする各医療スタッフと協力して、治療・回復に努めるチーム医療を展開しています。チーム医療における協働を進めるとともに、質の高い薬物療法の提供を目指すため、認定薬剤師資格取得に努めています。
また、当センターでは、原則として外来患者さんには院外処方せんを発行しており、薬剤部にある院外処方せん引き換え窓口で院外処方せんをお渡ししています。

業務の紹介

調剤業務

主に入院患者さんのお薬を調剤しています。まず、飲み合わせのお薬はないか、お薬の量は正しいか、服用方法や点滴時間は妥当かなどをお調べして、お薬の適正使用に努めています。また、処方内容に疑問が生じた場合には処方医に直接確認した後、調剤しています。

薬剤管理指導業務

患者さんの薬歴を管理し、お薬の飲み方や、お薬の作用及び副作用などを説明したり、患者さんからのご質問にお答えすることにより、患者さんのお薬に対する理解を深め、確実にお薬を服用していただけるようサポートしています。
また、患者さんから薬に対する必要な情報を聞き出し、記録し、副作用や相互作用が起こっていないかを確認しています。それらの情報を担当医師に伝え、より良い医療に貢献しています。

病棟常駐業務

患者さんが入院時に持参されたお薬を確認させていただき、当センターのお薬との飲み合わせに問題がないか調べています。
入院患者さんに適切な薬物療法が行なわれ、安心してお薬を使用していただけるよう、医師や看護師をはじめとする多くの部署と連携して処方されるお薬のチェックを行っています。

外来化学療法

安全で適切な抗ガン剤治療を外来で受けていただくために、患者さん毎に抗ガン剤治療のスケジュールや投与量のチェックを行っています。患者さんに抗ガン剤治療のスケジュール・副作用の説明や支持療法の提案を行っています。抗ガン剤の調製も薬剤師が患者さんの安全のために無菌的に行っています。

医薬品情報業務

医薬品情報・資料の収集と整理・保管を行い、その情報を必要とする患者さんや医療スタッフへ伝達しており、広報・教育などを通じてより適切な薬物療法に貢献しています。

麻薬管理業務

医療用麻薬の保管・管理・廃棄に関することを行っています。また、麻薬および麻薬容器類の回収・処理などもしています。

医薬品管理業務

当センターで使用する医薬品の購入と供給管理を行っています。納品された医薬品の使用期限や品質管理を通して、薬物療法が円滑に行えるように業務を行っています。

周術期管理業務

手術で使用される医薬品の管理や手術予定の患者さんの服用薬を調査して安全に手術を受けてもらえるよう努めています。

治験管理業務

治験とは、新しいお薬の候補を国(厚生労働省)にお薬として認められるため、患者さんにご協力いただいて効果や安全性を確かめる試験をいいます。薬剤部では、その治験が適切かつ安全に行われるよう努め治験薬の管理、治験関係資料の管理などの業務を行っています。

製剤業務

市販されていない薬品をセンター内製剤として調製しています。

学生教育実習受け入れ

将来薬剤師を目指す薬学生を受け入れ、病院実務実習を行っています。

研修・認定

定期的に部内勉強会を実施しています。
学会や研修会に積極的に参加・発表して、 各種認定の取得をしています。

認定資格者数(部員24名中)

日本病院薬剤師会        がん薬物療法認定薬剤師 2名
日本糖尿病療養指導士認定機構  日本糖尿病療養指導士 2名
日本静脈経腸栄養学会      NST専門療養法士 3名
日本緩和医療薬学会       緩和薬物療法認定薬剤師 2名
日本臨床腫瘍薬学会       外来がん治療認定薬剤師 1名
日本薬剤師研修センター     認定実務実習指導薬剤師 6名
日本薬剤師研修センター     認定漢方薬・生薬認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター     小児薬物療法認定薬剤師 2名
日本薬剤師研修センター     認定薬剤師 7名
日本アンチ・ドーピング機構公認 スポーツファーマシスト 3名
日本DMAT隊員 1名