1. ホーム
  2. 診療各科・各部のご案内
  3. 心臓血管外科

心臓血管外科


(2017年4月)

2016年4月より本格的に診療を開始しておりますが、2017年4月より新たに2名のメンバーが加わりより充実した診療体制が整いました。
今後更なるレベルアップを目指し、県民の皆様に満足して頂ける医療を提供できるようメンバー一丸となって頑張ってまいります。

(2016年12月)

2016年12月より大動脈瘤に対するステントグラフト治療(血管内治療)を本格的に開始しました。ステントグラフト治療についての詳細は本ホームページの“治療について”をご参照下さい。

ステントグラフト治療

はじめに

心臓血管外科のページへようこそ!
2016年4月より、新たに2名の医師が加わりいよいよ本格的に心臓血管外科の診療を開始しました。

最善の医療を提供するためのチーム医療!

を合言葉に心臓血管外科医のみならず、循環器科医・麻酔科医・集中治療医・放射線科医・看護師・臨床工学技師・放射線技師・理学療法士など多職種のメンバーが各々の専門知識・技術を活かしながら、互いに融合することで目標実現に向けて始動しました。

診療体制について

予定診療のみならず緊急診療に対しても対応させて頂きます。
緊急を要する疾患の診断・治療に関するお問い合わせは下記まで御連絡下さい。

0742-46-6001(病院代表)

24時間繋がります。

外来診療について

当日外来診療も可能となりました。当日診療ご希望の際は、午前中に来院頂くようご協力お願いいたします。
※ただし、他患者さんとの兼ね合いでお待ち頂くことがありますので予めご了承下さい。

 
診察   仁科 健     関根 裕司

近隣の先生方、かかりつけの先生方へ

心臓血管外科領域の患者さんに対する診断・治療等のお問い合わせにも対応させていただきますので、 いつでもお気軽にご相談下さい。
外来予約に関しては地域連携室が対応させていただきます。

地域連携室については、下記のサイトで紹介しています。
http://www.nara-hp.jp/medical/index.html

医師紹介

心臓血管外科 部長
仁科 健

東海大学医学部(昭和62年卒業)

略歴

  • 京都大学病院 心臓血管外科 研修医
  • 小倉記念病院 心臓血管外科 医員
  • 京都大学病院 心臓血管外科 助手
  • 京都大学大学院医学研究科器官外科学 講師
  • 国立病院機構 長良医療センター 心臓血管外科 医長
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 副部長
  • 奈良県総合医療センター 心臓血管外科 部長

学位・専門医資格

  • 京都大学博士(医学)
  • 日本外科学会専門医・指導医
  • 日本心臓血管外科学会専門医
  • 日本血管外科学会血管内治療認定医
  • 胸部ステントグラフト指導医
  • 腹部ステントグラフト指導医
  • 血管内レーザー指導医
  • 心臓血管外科修練指導医
  • 臨床研修医指導医

今後の目標

質の高い医療をより安全に提供できるよう当院のスタッフと共にチームで取り組んでまいります。何なりと御相談頂ければ幸いです。

心臓血管外科 医長
関根 裕司

大阪市立大学医学部(平成12年卒業)

略歴

  • 京都大学 心臓血管外科 研修医
  • 兵庫県立尼崎病院 心臓血管外科
  • 静岡県立こども病院 心臓血管外科
  • 静岡県立総合病院 心臓血管外科
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 医員
  • 川崎幸病院 大動脈センター 副部長
  • 奈良県総合医療センター 心臓血管外科 医長
  • 川崎幸病院 大動脈センター 非常勤
  • 東京医科歯科大学 人体病理学分野 社会人大学院在籍中

学位・専門医資格

  • 日本外科学会専門医
  • 日本心臓血管外科専門医
  • 日本循環器学会専門医
  • 心臓血管外科修練指導医
  • 臨床研修医指導医

座右の銘

  • 為せば成る
  • 継続は力なり

今後の目標

成熟した心臓血管外科チームを構築することが目標です。
特に大動脈外科治療に興味があり、バランスのとれた質の高い治療を提供できるように精進していきます。

心臓血管外科 フェロー
佐藤 俊

日本医科大学医学部(平成22年卒業)

略歴

  • 川崎幸病院 研修医
  • 川崎幸病院 外科 シニアレジデント
  • 川崎幸病院 外科 医員
  • 奈良県総合医療センター 心臓血管外科 フェロー

学位・専門医資格

  • 日本外科学会専門医
  • 検診マンモグラフィー読影認定医

今後の目標

心臓血管外科チームの一員として、高度で最先端な医療、そして安全な医療を実践していくことが目標です。
地域基幹病院として、奈良県民だけでなく関西全体から信頼される心臓血管外科を目指します。

心臓血管外科 フェロー
矢田 匡

奈良県立医科大学医学部(平成23年卒業)

略歴

  • 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 シニアレジデント~医員
  • 奈良県総合医療センター 心臓血管外科 フェロー

学位・専門医資格

  • 腹部ステントグラフト実施医
  • 血管内レーザー実施医

座右の銘

『あなたがいたから助かったんだ』と言ってくれる患者さんに出会いなさい。
その患者さんに出会えたときに初めてあなたが外科医になった意味がある。

今後の目標

心臓血管外科チームの一員として、患者さん一人一人に寄り添った医療を提供できるよう頑張ります。

総長
上田 裕一

神戸大学医学部(昭和51年卒業)

略歴

  • 天理よろづ相談所病院 ジュニアレジデント
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 シニアレジデント~医員
  • 英国国立心臓病院 外科スタッフ
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 医員
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 副部長
  • 天理よろづ相談所病院 心臓血管外科 部長
  • 名古屋大学医学部 胸部外科教授
  • 名古屋大学大学院医学系研究科 心臓外科教授
  • 天理よろづ相談所病院 院長
  • 奈良県医療政策参与(勤務先:奈良県立奈良病院)
  • 奈良県総合医療センター 総長

学位・専門医資格

  • 京都大学博士(医学)
  • 外科学会専門医(指導医資格あり)
  • 心臓血管外科専門医(指導医資格あり)
  • 循環器専門医

座右の銘

生きるために医師になるのではない、人生を立派に生きるために医師になるのである(澤瀉久敬先生)

今後の目標

心臓血管外科医、麻酔科医、循環器内科医、集中治療医の医師だけではなく、看護師、臨床工学士などのメディカルスタッフを含めて、心臓血管外科領域に関与する多職種の緊密な連携が維持され、安定した総合的治療を実施し、奈良県民のみなさんに信頼していただける医療を提供できるチームを創ることが目標です。

当科で扱う主な疾患・治療

《冠動脈疾患》

  • 狭心症
  • 急性心筋梗塞
  • 梗塞後合併症など

心臓の筋肉(心筋)に血液を供給するための冠動脈が狭くなり、心筋に血液不足が生じることでダメージを受けている状態です。心筋が受けたダメージの程度によって狭心症・心筋梗塞と診断されます。

冠動脈疾患に対する治療:

冠動脈バイパス術
※人工心肺を使用する場合と使用しない場合があります

冠動脈が狭窄もしくは閉塞し血流不足となっている領域に、新たな血管をつなぎ血流の迂回路
(バイパス)を作成する手術です。

使用する血管
 自身の体の一部の血管を使用します。

  • 内胸動脈(胸の血管)
  • 大伏在静脈(下肢の血管)
  • 胃大網動脈(胃の周囲の血管)
  • 橈骨動脈(手の血管)

《弁膜症》

  • 大動脈弁狭窄症、閉鎖不全症
  • 僧帽弁狭窄症、閉鎖不全症
  • 三尖弁閉鎖不全症

心臓には4つの弁(三尖弁・肺動脈弁・僧帽弁・大動脈弁)があり血流の調節を行っています。

提供元:エドワーズライフサイエンス(株)

特に左心房・左心室などの左側の流れを調節している大動脈弁及び僧帽弁が問題となる頻度が
高いです。開くことが制限された状態を狭窄症、閉じることが障害された状態を閉鎖不全症(逆流)と
呼んでいます。
これらを放置した場合には、胸痛・息切れ・むくみなどの症状が出現し、心拡大・心肥大・不整脈・
心不全などの問題が生じてきます。

僧帽弁閉鎖不全症

大動脈弁狭窄症

弁膜症に対する治療:

  • 弁置換術(人工弁に置換する術式)
  • 弁形成術(自己弁を温存して形成する術式)
  • カテーテル治療(大動脈弁狭窄症に対してカテーテルにより人工弁を挿入)

狭窄症や閉鎖不全症などにより機能不全に陥った弁を取り換える(置換)もしくは
治す(形成)手術です。

人工弁には機械弁と生体弁とがあり、弁の状態・全身状態・年齢などを総合的に判断して
選択されます。

術式 長所 短所 ワーファリン
弁置換術
(機械弁)
耐久性が良好 ワーファリン 生涯
弁置換術
(生体弁)
高齢者向き 劣化による再手術の可能性 術後約3か月
弁形成術 心機能温存 逆流再発による再手術の可能性 術後約3か月

※ワーファリン:血栓(血液の塊)を予防する為の薬剤

機械弁

提供元:泉工医科工業(株)

生体弁

弁形成用リング

提供元:エドワーズライフサイエンス(株)

《大動脈疾患》

  • 大動脈瘤
  • 大動脈瘤破裂(切迫破裂)
  • 急性大動脈解離
  • 肺塞栓症

(1)大動脈瘤

大動脈瘤とは大動脈の一部もしくは全体が拡張した状態です。
様々な分類法があります。

原因別:真性瘤(主に動脈硬化性)
    解離性動脈瘤
    仮性瘤(感染性・吻合部の破綻など特殊な状況が多い)

形態別:紡錘状瘤(比較的全体が拡張)
    嚢状瘤(局所のみ拡張)

部位別:胸部大動脈瘤(大動脈基部拡張症・上行大動脈瘤・弓部大動脈瘤・下行大動脈瘤)
    胸腹部大動脈瘤
    腹部大動脈瘤

原因別及び形態別分類

部位別分類

提供元:メドトロニック(株)

動脈瘤は部位・形態・原因によって差はありますが、多くの場合は無症状で経過します。
症状がある場合でも部位により異なります。

例)

  • 声のかすれ
  • 食べ物が飲み込みにくい
  • お腹の拍動
  • 便秘     など

一般的には、時間経過と共に大動脈瘤は拡張し(1-2mm/年)、縮小することはありません。
個人差はありますが、「胸部大動脈瘤では50-60mm以上」「腹部大動脈瘤では50mm以上」で
破裂の危険性が高くなるとされています。
よって、破裂による突然死を予防する為に治療が必要になります。

大動脈瘤に対する治療:
  人工血管置換術(外科手術)
  ステントグラフト内挿術(血管内治療)
  ハイブリッド治療(人工血管置換術とステント治療の組み合わせ)

動脈瘤の大きさ、形態、部位、全身状態などにより手術適応・術式を決定します。

治療例:

弓部大動脈瘤に対する人工血管置換術

胸腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術

提供元:胸部外科学会ホームページより抜粋

腹部大動脈瘤に対する人工血管置換術

下行大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術

腹部大動脈瘤に対するステントグラフト内挿術

提供元:メドトロニック(株)

(2)大動脈瘤破裂(切迫破裂)

ある一定の大きさを超えて拡張した動脈の壁が血圧に耐えられず破れた状態(破裂)です。
病院外で破裂した場合には死亡率が高く(90%以上)、非常に重篤な疾患です。
救命の為に緊急治療が必要となります。

動脈瘤破裂例

腹部大動脈瘤 破裂の危険性

大動脈瘤に対する治療:

  • 人工血管置換術(外科手術)
  • ステントグラフト内挿術(カテーテル治療)
  • ハイブリッド治療(人工血管置換術とステント治療の組み合わせ)

非破裂性と同様の治療となりますが、治療成績は不良です。
破裂する前に治療することが非常に重要です。

(3)急性大動脈解離

大動脈の壁は内膜・中膜・外膜の3層構造からなっていますが、ある時突然に大動脈の壁が
裂けてしまう病気です。
多くは激痛(裂ける場所によって痛みの部位は胸・背中・腹・腰など様々)で発症します。
発症と同時に意識を失ったり、突然死することもある非常に重篤な疾患です。
救命の為に緊急治療が必要となります。

裂けた大動脈の部位によって、大きく2型に分類されています。
A型:上行大動脈が裂けている場合(心臓に近い部位が裂けている)
B型:上行大動脈が裂けていない場合(心臓から離れた部位のみが裂けている)

急性大動脈解離に対する治療:
A型:人工血管置換術(外科手術)
B型:絶対安静・厳重な血圧管理
  ※場合によっては外科手術やカテーテル治療が必要になることもあります

A型解離に対する人工血管置換術

《その他の心臓疾患》

  • 心臓腫瘍
  • 心筋症
  • 不整脈(心房細動など)
  • 先天性心疾患(成人)

《末梢血管疾患》

  • 閉塞性動脈硬化症
  • 急性動脈閉塞
  • 急性静脈血栓症
  • 下肢静脈瘤

教育認定施設

日本外科学会修練施設
日本胸部外科学会関連施設
腹部ステントグラフト実施施設