1. ホーム
  2. 診療各科・各部のご案内
  3. リハビリテーション部

リハビリテーション部

外来リハビリテーションについて

基本的に当センターに入院しておられた方が対象になります。当センター退院後、医師によってリハビリテーションを必要と判断された方を対象に、一定期間のリハビリテーションをさせていただいております。
心筋梗塞、心不全など循環器疾患につきましては、心臓リハビリテーション外来を実施しており、運動療法による積極的な治療をおこなっております。

心臓リハビリテーション外来

検査内容 心肺運動負荷試験(CPX)検査における、患者様の呼気の分析
医療機器名 呼気ガス代謝モニター CPEX-1
特徴

運動負荷試験時の呼気を分析することにより、下記が可能になります。

  • 心不全患者の重症度判定
  • 心臓リハビリテーション時の安全な運動強度の設定
  • 心不全治療や運動療法の効果判定
  • 息切れの識別診断
  • 運動時の心機能の推定
  • 手術のリスクや生命予後の判定

適応疾患:心筋梗塞・狭心症・心不全・心臓手術後など
必要な検査:運動負荷試験・運動機能検査(筋力、歩行能力、バランス能力など)
プログラム:各種検査後、状態に合わせて運動処方を行い、歩行や機器による有酸素運動を行います。

入院リハビリテーションについて

当センターに入院後、主治医がリハビリテーションを必要と判断された方が対象になります。また疾患によっては、入院前からリハビリを行う予定になっている方もおられます。
最近は早期離床が言われるようになりました。過度の安静は筋力や体力の低下、関節を固くしてしまう廃用症候群を引き起こし、入院期間を長くしてしまいます。そこで病気を発症したときや手術の後に、可能なかぎり安静期間を短くし廃用症候群を予防することが大切となります。リハビリテーション部では医師や看護師と連携し、早期離床を目指した計画的なリハビリテーションをすすめています。

チーム医療に取り組んでいます

定期的に医師や看護師との症例検討会を開催しています。
リハビリ部長を中心に個々の患者様の状態を検討し、今後の方針を決定しています。


スタッフ紹介

リハビリテーション部長
杉本 和也

専門分野・研究分野

  • スポーツ整形外科
  • 膝・足の外科、関節外科

学会認定専門医等

  • 奈良県立医科大学整形外科臨床教授・臨床研修指導医
  • 日本整形外科学会専門医、同スポーツ医・脊椎脊髄病医
  • 日本体育協会公認スポーツドクター、日本リウマチ学会専門医
  • 日本リハビリテーション医学会臨床認定医

その他

  • ラグビー日本代表カテゴリー帯同(2006-2007)

心臓リハビリテーション担当医 循環器内科医長
上嶋 運啓

専門分野・研究分野

  • 循環器(心臓・高血圧・不整脈)

学会認定専門医等

  • 日本循環器学会認定循環器専門医
  • 日本内科学会認定内科医
  • 臨床研修医指導者講習会受講済
  • 日本体育協会公認スポーツドクター

理学療法士11人  作業療法士 5人 言語聴覚士 2人 看護師 1人

主な資格
内部障害系専門理学療法士、 3学会合同呼吸療法認定士、心臓リハビリテーション指導士、糖尿病療養指導士、摂食嚥下リハビリテーション認定士、福祉用具プランナーなど

主な参加学会
日本理学療法士協会、日本作業療法士協会、日本言語聴覚士協会、奈良県理学療法士協会、奈良県作業療法士会、ニューロリハビリテーション学会、日本作業行動学会、日本正常圧水頭症学会、日本臨床脳神経外科学会、日本摂食嚥下リハビリテーション学会、日本心臓リハビリテーション学会、日本呼吸ケア・リハビリテーション学会、日本靴医学会、日本運動器理学療法学会、日本心血管理学療法学会、日本糖尿病理学療法学会、日本呼吸理学療法学会、日本神経理学療法学会、日本予防理学療法学会、日本ディサースリア臨床研究会、テクノエイド協会

リハビリテーションについて

リハビリテーションという言葉は最近よく使われるようになりました。その意味は広く捉えると、「再び人間らしく生きること」あるいは「生活の再建および維持する活動」と解釈されています。私たちはこのリハビリテーションの思想に基づき、「根拠に基づいた高水準のリハビリテーション医療を提供する」を目標にしています。
一般に医学的リハビリテーションは理学療法、作業療法、言語療法に分けられます。当センターでは、各専門分野の担当療法士が根拠に基づき、より良いリハビリを提供できるよう努力しています。
当センターの特徴から急性期のリハビリテーション医療を中心に実施しています。急性期とは病気を急に発症したとき、あるいは手術により急激に健康が失われた状態をいいます。このような健康が不安定な時期からリハビリテーションを実施することで、早期に身体の機能回復を促すことができます。

〈当院が取得しているリハビリテーションに関係する施設基準〉
運動器リハビリテーションⅠ、呼吸リハビリテーションⅠ、脳血管リハビリテーションⅠ、廃用症候群リハビリテーションⅠ、心大血管疾患リハビリテーションⅠ、がん患者リハビリテーション

リハビリ室 風景