1. ホーム
  2. 診療各科・各部のご案内
  3. 放射線科

放射線科


当科では、日本医学放射線学会で認定された経験豊富な放射線専門医が患者さんに質の高い医療を提供しております。

放射線科医は、

  • いろいろな画像検査(胃や腸の検査、CT、MRI、RIなど)から患者さんの病気(症状)の原因を診断します。
  • 診断技術を応用して今まで手術により治療されてきた病気を手術をしないで治療します。
    具体的にはカテーテルという細い管を使って血管や胆管などの狭窄部を広げたり、
    閉塞部を開通させたり、腫瘍を栄養している血管を遮断したりすることで治療します。
  • 放射線をかけてがんを治療します。

原則としてこれらの検査はあらかじめ予約制となっています。

診療案内

診療内容
各種画像診断(胸部や腹部のエックス線撮影、胃や腸のバリウム検査、超音波検査、CTやMRI検査、血管造影検査、アイソトープ検査など)、IVR、放射線治療

『 CTとMRI 』
CTもMRIも、身体のあらゆる部分の断面を精密に映し出す装置で、今や画像診断の中心的役割を果たしています。CTはエックス線をMRIは磁石を用いて体の断面を映し出します。当センターのCTとMRIはともに最先端の装置で、患者さんの病気の発見に活躍しています。

『 インターベンショナル・ラジオロジー ( IVR アイ・ブイ・アールと略されています。) 』
放射線診断の技術を応用していろいろな病気を治療することを総称した言葉です。以前は手術をしなければ治療できなかった多くの病気が、今ではこの方法で治療されております。当センターの放射線科医はこの領域に精通しており、多くの経験を国内外の学会に発表してきました。 最近日本語での呼称が『画像下治療』と正式に決定されました。今後はこの言葉が普及していくと思われます。

『 アイソトープ検査 (核医学検査) 』
身体に全く害にならない極わずかの放射性物質を体内に注入し、その動きをカメラで測定し病気を診断します。特に、この検査は臓器の機能(働き)や腫瘍の位置や良悪性を知ることができる優れた検査法で、脳、心臓、甲状腺、腎臓など広く利用されています。

『 放射線治療 』
がん診療において外科手術や抗がん剤治療とならんで大切な治療法の一つです。強力な放射線を用いて、がん細胞に直接作用してがんを縮小・消失させたり、あるいは大きくならないように制御します。単独で用いられることも多いのですが、外科手術や抗がん剤と組み合わせることで、より効果の高い診療が行えます。

最近のトピックス

脳血管内治療

下記の放射線一口メモで紹介しているIVRを用いて行う治療です。 脳神経・頭頸部および脊髄領域の疾患のうち、各種血管性病変を対象にして行う治療法です。例えば脳動脈瘤に対して金属コイルを使った塞栓術や、頚動脈狭窄に対してステントを用いて拡げる頸動脈ステント留置術(CAS)等があります。 治療の方法は足の付け根の動脈からカテーテルという細い管を血管内に挿入し、頸部や頭蓋内の動脈にまで進めて動脈瘤内にプラチナで出来た金属コイルを挿入したり、狭くなっている頚動脈に網目状に作られた金属製の筒(ステント)を挿入して拡げたりします。この治療により開頭せずに治療が出来、特殊な症例を除いて全身麻酔も不要であり、体に負担も少ないので短期(数日) で退院出来ます。この治療についての相談は月曜日午前の当科外来で受け付けております。

放射線一口メモ

質問:

インターベンショナル・ラジオロジー(一般的にIVR(アイ・ブイ・アール)と言う)は聞き慣れない言葉ですが、いったいどういうものなのでしょうか?

答え:

最近は、手術をしないで治療する方法が随分と多くなり、いろんな方面で行われています。その方法のひとつにIVRというのがあり、今やその中心的存在となっています。他の言い方として「画像下治療」ということばが最近提唱され、今後は普及していくと思われます。具体的な方法としては、径1mm の針や2 ~ 3mm のカテーテルという細い管を使ってCTや 血管造影、超音波検査といった画像検査法で観察しつつ様々な病気を治療します。例えば、脳梗塞や脳出血の原因となる脳動脈瘤、大動脈瘤や動脈硬化からくる血管閉塞、外傷やいろんな病気で起こる出血、胆石や腫瘍などで起こる黄疸、食物摂取できなくなる食道狭窄、身体の中に溜まった膿、がんや悪性腫瘍などがこの方法で治すことができるようになりました。これらの病気の中には放っておけば死亡したり重篤になるものから以前では大手術をしなければならなかった病気が含まれていますが、これらがIVRで簡単に治療できます。詳しくはおかかりになった診療科でお尋ね下さい。

IVR症例登録について

当院では放射線診断の技術を応用した画像下治療(IVR: アイヴイアール)を行っております。その施行症例について、IVR学会の症例登録システムに登録を致しております。登録内容はID番号、年齢、性別、疾患名と施行手技、施行医師名等であり、登録や閲覧は事前に登録されている学会所属医師のみに制限されており、医師のID・パスワード保護で行えるようになっております。
登録を行うことにより各施設の特徴が明らかとなり、全国の施設同志での症例の紹介や施行医の研修・技術の向上が図れることとなっております。
患者さんの氏名や誕生日、住所などの個人情報は登録されず、制限された閲覧での運用となっておりますので、ご理解の程お願い致します。

外来診療担当

画像診断 末吉・横谷 中川・横谷 中川・横谷 大倉 享 大倉・横谷
診察 末吉 智 中川 裕之 大倉 享 担当医 横谷 繁郎
消化管透視     横谷・大倉・末吉    
放射線治療 堀川 典子 堀川 典子 堀川 典子 堀川 典子 堀川 典子

血管造影

脳・頭頸部
中川・担当医 (中川 裕之) (中川 裕之) 中川 裕之  

血管造影

腹部
(末吉 智) 末吉 智 (末吉 智) 末吉 智 末吉・担当医
超音波     堀川 典子    

医師紹介

放射線科部長
中川 裕之

専門分野・研究分野

  • 画像診断
  • IVR

学会認定専門医等

  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本脳神経血管内治療学会指導医
  • 日本IVR学会専門医

放射線科副部長
堀川 典子

専門分野・研究分野

  • 放射線治療

学会認定専門医等

  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本乳癌学会専門医
  • 日本放射線腫瘍学会認定医
放射線科医長
末吉 智

専門分野・研究分野

  • 画像診断
  • IVR

学会認定専門医等

  • 日本医学放射線学会専門医
  • 日本IVR学会専門医
  • マンモグラフィ読影認定医(A判定)
放射線科医長
大倉 享

専門分野・研究分野

  • 画像診断

学会認定専門医等

  • 日本医学放射線学会専門医

放射線科医長
横谷 繁郎

専門分野・研究分野

  • 画像診断

学会認定専門医等

  • 日本医学放射線学会専門医

放射線科医員
正田 麻紀

専門分野・研究分野

  • 画像診断

学会認定専門医等

  • 麻酔科標榜医

治療実績

CT検査 25,127件
MR検査 13,301件
RI検査 1,157件
バリウム検査 296件
血管造影検査(IVR除く) 156件
IVR治療 434件
放射線治療 6,383件

教育認定施設

日本医学放射線学会
日本IVR学会
日本脳神経血管内治療学会
日本乳癌学会認定施設