1. ホーム
  2. センターのご案内
  3. ごあいさつ

ごあいさつ

総長 上田 裕一  平成26年4月1日から地方独立行政法人 奈良県立病院機構が発足し、奈良県立奈良病院はその機構の下に、皆様の要望にお応えできる医療を推進するため『奈良県総合医療センター』と改組されました。私はこの度,奈良県総合医療センターの最高経営責任者として総長を拝命しました上田 裕一でございます。皆様に、新しい奈良県総合医療センターについて紹介させていただきます。
 この地方独立行政法人 奈良県立病院機構は、「県民の健康を生涯にわたって、“最高レベルの医の心と技”で支え続けます」を理念としております。その目標には、I 患者にとって最適な医療の提供、II 県民の健康維持への貢献、III 最高レベルの医の心と技もった人材の確保・育成、IV 自立した経営、の4つを掲げています。今回の法人化により職員は地方公務員の定員枠から外れ、当医療センターの診療の必要度に応じ採用できるようになりました。また、皆様の療養環境(私共の職場環境)や医療機器の整備も法人の経営実績に基づいて実施できるようになります。現在、六条地区に最新鋭の医療機器を導入する医療施設の建設が進行中ですが、今しばらくは奈良県立奈良病院の施設で診療を続けてまいります。この古い建物に大幅な改築はできませんが、手入れを行って維持し、法人化の利点を活かして診療体制の充実に努め、皆様の要望にお応えしたいと考えております。特に新医療施設の開設に向けては、医療スタッフの確保・育成には力を注ぎ、『医療専門職教育研修センター』を設けて、職員の医療技術の修錬のみならず、接遇やコミュニケーション能力の向上も目指しており、一層のチーム医療の推進に努めてまいります。
 診療でのお気付きの点などお知らせいただければ、改善に努力してまいりますので、よろしくお願い申し上げます。

地方独立行政法人 奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター 総長 上田 裕一

総長 菊池 英亮  当院は前身である「奈良県立奈良病院」の伝統を受け継ぎ、将来に向かってさらに飛躍するため平成26年4月に「地方独立行政法人奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター」と改称されました。当院は救命救急センター、周産期母子医療センター、集学的がん治療センター、周術期管理センター、腎・尿路疾患センターの5つのセンターを有し、救急医療、周産期医療、がん医療など高度急性期医療を提供する基幹病院です。救急医療に関しては一次から三次救急まで幅広く対応しています。当院は「臨床研修指定病院」ですので、将来の医療を担う有能な医師を育成するという極めて重要な使命があります。また、「地域医療支援病院」として医療連携を重視し、地域の医療機関の先生方と密接な連携を構築するよう取り組んでいます。周産期母子医療センターは、母体搬送、ハイリスク分娩、新生児集中治療など高度の周産期・新生児医療を行っています。さらに、「がん診療連携拠点病院」に指定されており、最新機器であるダ・ヴィンチによるロボット手術、内視鏡的手術、高難度外科手術などを積極的に行っています。化学療法や放射線治療にも力を注いでおり、がん治療の早期からの緩和ケアも重視しています。この様にがん患者さんに対するトータル・サポートとしての「集学的がん治療」を目指しています。周術期管理センターは手術前後の周術期管理を徹底し、患者さんに安心で安全な手術治療を受けていただけるよう努めています。腎・尿路疾患センターでは、人工透析や種々の血液浄化療法を専門的に行うとともに、慢性腎臓病(CKD)の進行抑制のためにキドニー・サポートチームが活動しています。当院は他職種の医療スタッフによる「チーム医療」の実践を重視しています。糖尿病サポートチーム、栄養管理チーム、緩和ケアチーム、がんサポートチームなど多くのチームが活動しています。紙面の都合でご紹介できない当院の活動はたくさんありますが、チーム医療を推進した急性期総合医療を積極的に行っています。
 さて、我が国は今後ますます高齢化が進むことが確実であり、医療もその状況に対応していくことが求められています。当センターは今後も急性期医療・高度医療の提供に努めてまいります。その上で、地域の医療機関や介護・福祉施設と密に連携して継続した医療・サービスが受けていただけるよう支援していきたいと思います。
 最後になりましたが、「医の心と技を最高レベルに磨き、県民の健康を生涯にわたって支え続けます。」という法人の理念に基づいて最適な医療が提供できる「仁と愛に満ちた」病院を目指し、職員一丸となって頑張りたいと思います。
 今後ともご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。

地方独立行政法人 奈良県立病院機構 奈良県総合医療センター 院長 菊池 英亮