1. ホーム
  2. センターのご案内
  3. 医療安全推進室

医療安全推進室

医療安全への取り組み

われわれは「医療事故を未然に防ぐ」という強い信念のもと、患者さんに安全で信頼される医療サービスの提供と、よりよい医療の質の追求を基本姿勢とし、医療安全策に取り組んでいます。

すべての医療行為にはリスクが伴います。われわれ医療従事者も人間である以上、「ヒューマンエラー」はなくなりません。それでもいろいろな取り組みによって医療事故を減らすことは可能です。また、起きてしまった事故につきましては当事者の責任として片付けることなく、組織全体として受け止めることが再発防止策につながるものと信じます。これらの取り組みにより、より安全・安心な医療が提供できますよう努力して参ります。

医療安全推進室の活動

重大な医療事故(アクシデント)は突然発生するものではなく、それ以前にいくつかの危険信号(インシデント)が発せられるといわれます。われわれはその危険信号をいち早く察知するための情報収集を行い、事故を未然に防ぐ活動を行っています。些細な情報も、丹念に集積し分析すると、そこから「ヒューマンエラー」への対策が見えてきます。また、生じた医療事故については発生した過程や要因の究明・検証により、同じ事故の再発防止を図ります。これらの達成のため医療安全管理委員会の下で以下の具体的活動を行っています。

  • アクシデント、インシデント情報の収集
  • 医療安全ワーキング部会の開催
  • 医療安全講習会・勉強会の開催
  • 呼吸管理勉強会・ワーキング部会の開催
  • 患者さんの医療安全意識啓発
  • 患者さんからの医療安全にかかわる相談への対応

患者さんへのお願い

当医療センターを受診されますと、各部署において「お名前(フルネーム)、生年月日をおっしゃってください」と言われます。時には「住所もお願いします」と言われます。患者さんの「取り違え」を防止するための重要な対策のひとつです。同姓同名の患者さんがあなたの隣にいるかもしれません。面倒ではありますが、どうかご理解とご協力をいただきますようお願い申し上げます。


本人確認啓発ポスター

健康と安全を守るためのあなたの権利と責務

重大事象発生時の対応

患者さんにとって重大な事故が発生したときには、第三者委員が加わった院内事故委員会を設けて、事故原因の解明と再発防止策を講じます。その結果は患者さんやご家族に報告されます。

安全対策推進室からのお知らせ

  • 2015/5/1

    胸部X線写真所見見逃し防止の取り組みを開始しました。
    詳しくはこちら(PDFファイル)
  • 2015/5/1

    心臓カテーテル検査時に、患者さんの確認、検査内容の確認など、患者さんの間違いや、検査部位・内容の間違いがないか、検査に立ち会う関係者全員で開始前に確認を行う取り組みを開始しました。
    詳しくはこちら(PDFファイル)